このページの本文へ

Inspiron 2100

Inspiron 2100

2001年03月15日 13時37分更新

文● 山崎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルコンピュータ(株)は、Inspiron 2000の後継となるSOHO・個人ユーザー向けB5薄型サブノートPC「Inspiron 2100」を発表、本日より「オンライン・ストア」でのインターネット直販、電話によるダイレクトセールス(044-556-6190)、および全国のPC量販店の展示スペース「Dell Real Site」での販売を開始した。

Inspiron 2100
Inspiron 2100は、272(W)×220(D)×25.7(H)mm/1.6kgのボディに、低電圧版Mobile PentiumIII-700MHzを搭載する、携帯性にすぐれたハイパフォーマンスサブノート。
 Inspiron 2100は、マグネシウム合金を採用した272(W)×220(D)×25.7(H)mm/1.6kgのボディに、12.1インチTFT液晶を搭載したB5サイズ薄型サブノート。CPUには低電圧版Mobile PentiumIII-700MHzを採用し、携帯性とパフォーマンスの高さを両立している。また本体にはPS/2、パラレル、CRT、モジュラジャック(56kbps)、10BASE-T/100BASE-TX対応のEthernetポート、USB、オーディオ、PCカードスロット(TypeII)などの各種インターフェイスを搭載し、高い拡張性を備えている。FDDや光メディアドライブは内蔵しないが、本体に装備する「IDE外部ストレージコネクタ」経由で、標準添付のFDDおよび24倍速CD-ROMを「外部メディアベイ」に収納して利用できるほか、ベイ内蔵用オプションとしてCD-RWドライブ、DVD-ROMドライブ、セカンドHDD、Zipドライブなども用意されている。

 Inspiron 2100は、同社のほかのPCと同様に、B.T.O.メニューによりメモリやHDD容量、各種ドライブ類、サポート内容などを好みに合わせてカスタマイズできる。価格は、以下の表にある最小構成スペックで17万9800円。


Inspiron 2100の最小構成スペック
CPU 低電圧版Mobile PentiumIII-700MHz
メモリ 64MB
液晶 12.1インチ
ビデオチップ RAGE Mobility-M(4MB)
解像度 1024×768ドット/フルカラー
HDD 5GB
CD-ROM 24倍速(外付け)
通信 モデム/LAN
サイズ 272(W)×220(D)×25.7(H)mm
重量 約1.6kg
OS Windows Millennium Edition
Officeアプリ

デルコンピュータ(株)
問い合わせ先 044-556-1760

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン