このページの本文へ

オーバークロック機能が魅力な黒いApollo Pro266マザー「AX37 Pro」

2001年03月14日 20時09分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AX37 Pro

 DDR SDRAMに対応したSocket370用チップセット“VIA Apollo Pro266”を搭載するマザーボードとしては国内正規流通品第2弾となる「AX37 Pro」がAOpenから現れた。



ボード

 最大の特徴はオーバークロック機能。FSBはBIOS上で66~248MHzの範囲を1MHz刻みで設定できるほか、オーバークロック動作の失敗時には自動的にFSB設定をリセットする“ウォッチドッグタイマー”も装備している。BIOSからは動作電圧も1.3~3.5Vの範囲を0.05V刻みで変更可能。“AX3S”シリーズなどで高い評価を得ているAOpenというブランドネームと、豊富なオーバークロック性能から、アキバにおけるPentiumIII用DDR SDRAMマザーボードの本命となる可能性を持つ製品と言えるだろう。IDE RAID機能を持つバリエーションモデル「AX37 Plus」とPCBレイアウトは同じだが、オーバークロックを狙う人にとっては、むしろRAIDコントローラがオンボードでない同製品のほうが魅力的に映るのではないだろうか。



CPUソケット周り
NorthBridgeとCPUソケット周り。AX3S Proと同様、CPUクーラーの取りつけはややきゅうくつそう
SouthBridge周辺
SouthBridge周辺は閑散としている。ちなみに、写真手前に見えるランドはIDE RAIDコントローラ用
ヒートシンク

 黒い基板を見てみると、BIOS ROMが2つ載っており、AOpen独自のBIOS保護機構“DIE-HARD BIOS”をサポートしているのがわかる。また、Northbridge“VT8633”に載るヒートシンクの高さが、これまでのものより高くなっている。それだけ発熱するということなのだろう。なお、SouthBridgeは“VT8233”となっている。
 拡張スロットはAGP×1、PCI×6、CNR×1で、DIMMスロットは3本(最大3GB)。AC'97準拠のオーディオコーデックチップを搭載する。



14日現在の価格情報

価格 ショップ
\17,800 クレバリー1号店
クレバリー3号店
コムサテライト2号店
\18,280 ギガパレス秋葉原本店
\18,500 コムサテライト3号店
\18,280 ギガパレス秋葉原本店
\18,800 高速電脳
コムサテライト1号店
ソフトアイランド秋葉原店
\19,500 DOS/Vパラダイス本店
\19,800 ZOA 秋葉原本店
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ