このページの本文へ

クエスト、デスクトップ用USB-赤外線通信インターフェースを発表

2001年03月14日 19時11分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)クエストは12日、デスクトップパソコンにUSB接続し、PDA/ノートパソコン/携帯電話などとの赤外線通信(IrDA)を可能にする周辺機器『USB-IrDA』を発表した。価格はオープン(予想価格は8800円程度)で、3月中旬に販売を開始する。

『USB-IrDA』の製品写真
『USB-IrDA』

同製品は、デスクトップパソコンのUSB端子に接続し、IrDA(赤外線通信)機能を追加する周辺機器。IrDA(赤外線通信)機能を搭載したPDA/ノートパソコン/携帯電話などとワイヤレス(赤外線)でデータ交換を行なえる。PDA(Palm/Visorなど)との通信では、クレードルがない場所でもワイヤレスでホットシンク(HotSync)が可能。また、IrDA機能搭載の携帯電話との通信では、メモリーダイアルの情報(個人情報/カレンダーノート)を、パソコン上のOutlook 2000などのアプリケーションで共有可能という。通信速度は、SIR方式で115.2kbps、FIR方式で4Mbps。電源は、USB端子からの供給。対応OSは、Windows 98/Me/2000。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン