このページの本文へ

Too、ブロードバンド対応のデジタルコンテンツ制作支援事業を開始

2001年03月14日 16時17分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)トゥーは14日、同社の関連会社である(株)クリックトゥーと共同で、デジタルコンテンツ制作支援事業を4月に開始すると発表した。インターネット上で動画を配信するためのストリーミングビデオの需要や、過去のビデオ映像をデジタルデータ化し保存する需要に向けたもの。

今回、次の3サービスを開始する。“ストリーミングビデオ作成サービス”では、ビデオ映像をコンピューターに取り込み、ホームページ上で映像配信できるRealVideo、Windows Media Technology、QuickTimeなどのストリーミングビデオデータに変換する。テロップなどの文字入れや編集作業も可能。“MPEG-1、MPEG-2エンコーディングサービス”では、さまざまな規格のビデオ映像をコンピューターに取り込み、Video-CDやDVD-Videoの制作に必要になるMPEG-1、MPEG-2に変換する。テロップなどの文字入れや編集作業、Video-CDやDVD-Video向けの編集、プレス加工も行なう。“3次元スキャンサービス”では、人物の顔や商品などの立体物を3次元スキャナーでスキャニングし、ゲームソフトやウェブ3Dの制作に使用される3次元モデリングデータに加工する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン