このページの本文へ

Tecra 8200/PORTEGE 3490CT

Tecra 8200/PORTEGE 3490CT

2001年03月14日 00時12分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)東芝の海外向けモデルを直販している「東芝ダイレクトPC」が、ハイエンドノートブランド「Tecraシリーズ」の新製品として、IEEE802.11bに準拠した無線LAN機能を内蔵した「Tecra 8200」と、B5ファイルサイズの薄型サブノート「PORTEGEシリーズ」の新製品「PORTEGE 3490CT」を発売した。
 海外モデルは英語キーボードを標準装備し、OSは日本語/英語の選択が可能(一部機種は英語OSのみ)。仕事や使用環境の都合で英語OSモデルを必要とする日本人、日本在住の外国人、あるいは海外への転勤が決まったビジネスマンなどが主な購入者になっているとのこと。

Tecra 8200
写真ではわからないが、液晶の裏側のカバー上部に無線LAN機能を内蔵し、その部分だけ本体のブルーグレーとは違った淡いライトグレーになっている「Tecra 8200」。このカバー上部のライトグレーの部分に無線LANのアンテナが内蔵されていることを、ユーザに意識していたもらうために、意図的にカラーを変えるなどの措置がとられたものと考えられる。

 Tecra 8200は、国内では2000年6月以降新製品が発表されていないものの、海外では引き続きフラッグシップモデルの地位を固めている「Tecraシリーズ」の新製品(ちなみに、国内では現在「DynaBook A1シリーズ」が最上位となる)。最大の特徴は、液晶パネルの裏側、本体カバー部に標準規格IEEE802.11b(通信速度は最大11Mbps)準拠の無線LAN機能を内蔵していること。これにより、LANケーブルをいちいちつないだり、アンテナ部がはみ出すPCカードを差しっぱなしで使う必要がなく、無線LANの利用可能環境であれば好きな場所に持ち出してもLAN環境に接続できる。
 CPUにMobile PentiumIII-850MHzを搭載し、XGA(1024×768ドット)表示の14.1インチTFT液晶を内蔵、メモリ256MB(最大512MB)、20GB HDDを標準装備する。無線LANのほかに56kbpsのモデムと10BASE-T/100BASE-TXの通信機能も搭載。チップセットはi815EMで、液晶表示はチップセット内蔵のビデオ機能ではなく、Trident XP(ビデオメモリ16MB SDRAM)を内蔵している。
 OSが動作中に脱着可能なホットスワップ対応のセレクタブルベイには、標準で8倍速DVD-ROMドライブを内蔵。オプションのセカンドHDDユニットや増設バッテリにも変更可能だ。
 プリインストールOSの違いにより、3モデルが用意されており、価格はWindows Millennium Editionモデルが日本語版、英語版どちらも39万8000円。Windows NT 4.0と2000のセレクタブル(最初の起動時に選択、以降未選択のOSは削除される)モデルは英語版のみで、40万8000円となる。



PORTEGE 3490CT
国内では比較的パワーユーザーに人気の、B5薄型サブノート「PORTEGEシリーズ」。その新製品が、低電圧版Mobile PentiumIII-700MHz搭載の「PORTEGE 3490CT」だ。

 PORTEGE 3490CTは、CPUに低電圧版Mobile PentiumIII-700MHzを搭載し、HDDを20GB(従来は12GB)、メモリを128MB(従来は64MB)標準搭載したマイナーチェンジモデル。チップセットは440MX(Intel製)、ビデオチップはSavageIX(ビデオメモリ8MB内蔵)で、シリアル/パラレル/PS/2/外部CRT/USB/LAN(10BASE-T/100BASE-TX)の各I/Oポートを内蔵する「LAN Port Replicator」(LANポートリプリケータ)と、USB接続のFDDが標準添付されるが、CD-ROMドライブはオプションとなる(PCカード接続タイプで1万8000円、同じくCD-RWドライブは4万9800円)。通信機能は56kbpsのモデムと10BASE-T/100BASE-TXのLANを内蔵している。
 購入者からの要望に応えて、プリインストールOSに日本語版Windows 2000を追加し(ただし本機はビジネスユーザーが多いため、Windows Millennium EditionはなくWindows 98 SE)、OSとOffice 2000 Personal(日本語版のみ)プリインストールの違いで5モデルが用意されている。
 価格は、英語版もしくは日本語版Windows 98 SEモデルが24万8000円、日本語Windows 98 SE+Office 2000 Personal(SR-1)が26万6000円、Windows NT 4.0と2000のセレクタブル(いずれも英語版)、および日本語版Windows 2000プリインストールモデルが25万8000円となっている。

(株)東芝 東芝ダイレクトPC
問い合わせ先 0120-13-1100/03-3457-5916



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン