このページの本文へ

I・O・データ、PC2100対応DDR SDRAM搭載DIMMを発売

2001年03月12日 22時19分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アイ・オー・データ機器(株)は12日、PC2100対応のDDR200 SDRMを採用した増設DIMMとして『DR266』3製品を発表した。価格は、512MBの『DR266-512M』が9万6000円、256MBの『DR266-256M』が4万9000円、128MBの『DR266-128M』が2万4800円。512MB製品は4月上旬に、256MB/128MB製品は3月末に出荷を開始する。6層基板を採用。製品の動作クロック周波数は133MHzで、動作電圧は2.5V。CAS Latencyは2.5。保証期間は5年となっている。

『DR266-256M』の製品パッケージ
『DR266-256M』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン