このページの本文へ

1月から展示のケースがついに発売! あのSilencer電源も登場

2001年03月10日 21時08分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Future Power版NEO
Future Power製のNEO(左)とJusty版NEO(右)

 1月13日の記事で予約開始を紹介していたATXケース「NEO」が、残念ながらスペックダウンしての登場となった。当初は400Wの電源を搭載するはずだったが、今回発売となったのは300W電源(ATX2.03)搭載タイプ。12Vの4ピンコネクタを装備しPentium 4に対応する点や、USBポートをケース前面に引き出せる点に変化はない。なお、同製品はFuture Power/Justyブランドのトライコーポレーション製の2種類、3製品が同時に現れている。



Justy版NEO
こちらはJusty版NEOの2製品

 予約受付の対象となっていたFuture Power製のNEOはFuture Powerのロゴが入った電源を搭載し、電源ボタンが黒いのが特徴。一方、Justy版NEOはWintech Electronics製の電源を搭載し、“NEO”のロゴが入ったエムブレムが貼られ、またケース前面の両サイドにシルバー、もしくはブルーのラインがあしらわれている。



側面

 ベイは5インチ×3、3.5インチ×1、シャドウ×1。価格は、Future Power製NEOがコムサテライト3号店で7800円。Justy製NEOはブルーがコムサテライト3号店で8800円、高速電脳で9800円。シルバーが高速電脳で9800円。




Silencer

 また、USER'S SIDE本店では、ATからATXへのフォームファクタ移行期を中心にかつて一世を風靡したPC Power & Cooling製電源ユニット「Silencer」の400W版を2万7800円で販売中。Pentium 4に対応している。気になる人はチェックしてみるといいだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ