このページの本文へ

コンテックがGPLにてPCI接続シリアルインターフェイスカード用ドライバのダウンロード開始

2001年03月09日 23時09分更新

文● 吉川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

周辺機器メーカーの(株)コンテックは、同社のPCI接続シリアルインターフェイスカード用ドライバ「COM-DRV(LNX)」のダウンロードサービスを開始した。同社のPCI接続シリアルインターフェイスカード製品すべてに対応する。 COM-DRV(LNX)では、ttyドライバに準拠、標準のシリアルポート用システムコールも使用可能となっている。GPLに準拠し、各種サンプルプログラムも付属する。

動作確認済みのカーネルは2.2.12、2.2,13、2.2.14、2.2.16で、動作確認済みのディストリビューションは以下の通り。

  • Red Hat Linux 6.1(英語版)
  • Turbolinux Workstation 6.0
  • Red Hat Linux 6.2
  • Red Hat Linux 7

カテゴリートップへ

ピックアップ