このページの本文へ

プラネックス、100BASE-TX対応Ethernetカード『FW-100TXL』を発売

2001年03月08日 16時16分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は7日、100BASE-TX対応のEthernetカード『FW-100TXL』を発売したと発表した。価格は1580円。

『FW-100TXL』の外観写真
『FW-100TXL』

『FW-100TXL』は、10/100BASE-TX自動認識のロープロファイルPCIスロット対応のEthernetカード。ACPI(Advanced Configuration and Power Interface)、およびWake on Lanに対応する。接続先の機器に合わせて10BASE-T/100BASE-TX、全二重/半二重を自動的に切り替える“AutoNegotiation”機能を搭載。対応機種はロープロファイルPCIスロット搭載パソコン。対応OSはWindows 98/Me/NT 4.0/2000、およびLinux(Turbo Linux/Redhat Linux/LASER5 Linux/Slackware)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン