このページの本文へ

米インテル、CPUを値下げ――Pentium III-1.13GHz復活近し?

2001年03月07日 14時44分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米インテル社は3月4日付け(米国時間)でCPUの価格改定を行なった。今回値下げされたのはデスクトップパソコン向けのPentium 4、Pentium III、Celeron。Pentium 4が1~4%の小幅な値下げなのに比べ、Pentium III-1GHzが10%、Celeron-800MHzでは19%などと値下げ幅が大きくなっている。この結果、Pentium 4-1.3GHzが332ドル(約3万9500円)、Pentium III-1GHzの価格が241ドル(約2万8600円)と、価格差が改訂前の68ドル(約8000円)から91ドル(約1万800円)に開いた。

同社が値下げした過去の例を見ると、

  1. 新CPUの普及を促す
  2. 新CPUが登場する前に従来のCPU価格を調整
  3. 他社CPUへの対抗

などを主な目的として行なわれているようだ。今回はPentium 4の値下げがわずかなことから、1)にはあたらないが、Pentium IIIの高速製品との価格が広がったことから2)の理由が考えられる。米インテルは2000年7月31日(米国時間)にPentium III-1.13GHzを限定出荷したものの、負荷がかかった場合にハングアップするなどの問題が発見されたとして、8月28日に、リコールを行なっている。再出荷には数ヵ月はかかるとしていたが、6ヵ月たった現在もアナウンスはされていない。ただし、インテルでは1.13GHzの発売をやめたわけではないとしており、今回のPentium 4とPentium IIIの価格差の拡大はPentium III-1.13GHzの再投入が近いことをにおわせている。また、Celeronの値下げについても、AMDが1月9日にDuron-850MHzを発表しており、前回(1月28日)の値下げに続く対抗策と見られるが、高速版登場の可能性もある。

Pentium 4
クロック 旧価格(1月28日) 新価格(3月4日) 値下げ率
1.50GHz 644ドル 637ドル(約7万5700円) 1%
1.40GHz 440ドル 423ドル(約5万300円) 4%
1.30GHz 336ドル 332ドル(約3万9500円) 1%
Pentium III
クロック 旧価格(1月28日) 新価格(3月4日) 値下げ率
1GHz 268ドル 241ドル(約2万8600円) 10%
933MHz 241ドル 225ドル(約2万6700円) 7%
866MHz 193ドル 193ドル(約2万2900円)
850MHz 193ドル 193ドル(約2万2900円)
800MHz 183ドル 163ドル(約1万9400円) 11%
750MHz 163ドル 153ドル(約1万8200円) 6%
733MHz 163ドル 153ドル(約1万8200円) 6%
700MHz 143ドル 143ドル(約1万7000円)
Intel Celeron
クロック 旧価格(1月28日) 新価格(3月4日) 値下げ率
800MHz 138ドル 112ドル(約1万3300円) 19%
766MHz 112ドル 103ドル(約1万2200円) 8%
733MHz 88ドル 83ドル(約9800円) 6%
700MHz 88ドル 79ドル(約9400円) 5%
667MHz 79ドル 73ドル(約8700円) 8%
633MHz 73ドル 73ドル(約8700円)
600MHz 73ドル 73ドル(約8700円)
566MHz 69ドル 69ドル(約8200円)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン