このページの本文へ

AT&T GNS、企業向けのIP-VPN包括サービスを開始

2001年03月05日 17時24分更新

文● ASCII24 Business Center 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AT&Tグローバル・サービス(株)(以下AT&T GNS)は3月5日、同社とNTTコミュニケーションズ(株)が共同で構築したネットワーク網を利用した、企業向けIP-VPN(Internet Protocol-Virtual Private Network)の構築から運用まで請け負うサービス「ユニバーサルVPN」を発表した。運用開始は5月末の予定という。

同サービスは、IPパケットにラベルを付加し高速にパケットを転送する技術である「MPLS」(Multi Protocol Label Switching)型のIP-VPNサービスで、今回共同開発したNTTコミュニケーションズは「スーパーVPN」という名称でそれを提供している。

AT&T GNSでは、そのMPLS型IP-VPN網に同社の運用管理環境「GEMS」(Global Enterprise Management System)をあわせて、回線と運用管理サービスを包括的に提供していく。24時間365日のヘルプデスクやルーター監視、各種レポートの提供サービスを受けることができる。同社マーケティング本部長の松原大助氏は、「企業の基幹ネットワークに耐えうるレベルを提供できる」と語った。

料金は、アクセス回線の料金とユニバーサルVPNの基本額から成り、月額3万1000円(1拠点、64kbps、15kmまで)~。アクセス回線の料金は、全国に100カ所以上設けられたアクセスポイントまでの距離に応じた料金となっている。専用線接続とATM接続から選択できる。

アクセス手段(IPゲートウェイ)として、アットホームジャパン(株)のCATVインターネット接続のほか、新たに(株)アッカ・ネットワークスのADSL接続サービスが追加された。

八剱社長写真AT&T GNSの八剱洋一郎代表取締役社長「高速化、複雑化してきたネットワークでは、付加価値サービスとあわせて提供する形でなければ、企業にとって最適なネットワークを構築することは難しい」

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン