このページの本文へ

LD-WL11/RTS/LD-WL11/RT

LD-WL11/RTS/LD-WL11/RT

2001年03月02日 18時03分更新

文● 山崎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコム(株)は、11Mbpsの無線通信に対応したLAN製品「Air@Hawk」シリーズの新製品として、ISDNダイヤルアップルータ機能を持つ無線LANアクセスポイント「LD-WL11/RTS」「LD-WL11/RT」の2機種を発表、5月の発売を予定している。

LD-WL11/RTS本体
本体前面に大型液晶パネルとジョグダイヤルを装備し、単体で基本設定が行える「LD-WL11/RTS」。万一の障害発生時にも素早い対応が行える。

 LD-WL11/RTS、LD-WL11/RTはともに、INSネット64に加えて高速デジタル専用線やOCNエコノミーにも対応し、128kbpsまでの通信が可能なダイヤルアップルータ機能を搭載する。INSネット64のBチャンネル2回線を同時に利用して、2つのプロバイダあるいは2カ所のアクセスポイントに同時にダイヤルアップ接続できるのが特徴。LAN側のネットワーク用には、IEEE802.11b準拠の無線通信機能を搭載するほか、10BASE-T/100BASE-TXに対応したEthernetポート×1も装備する。またUSBを1ポート搭載しており、単体のTAとしても利用可能。



LD-WL11/RT本体
本体の動作状況をフロントパネルのLEDで確認できる「LD-WL11/RT」。ダイヤルアップルータや無線LANアクセスポイントとしての機能はLD-WL11/RTSと共通。

 両モデルともHTTPサーバおよびTelnetサーバ機能を内蔵しており、本体機能は有線/無線のネットワーク経由あるいはUSBで接続したPCから、Webブラウザやターミナルソフトを利用して設定できる。

 さらにLD-WL11/RTSでは全角40文字を表示可能な液晶パネルとジョグダイヤルを本体前面に装備しており、単体でも基本機能の設定が可能になっている。無線LANだけを利用するネットワーク環境で、無線LAN機能が正しく動作しない場合でも、わざわざ有線ネットワークを接続し直すことなく機能設定を行うことができる。

 価格はLD-WL11/RTSが4万4800円、LD-WL11/RTが3万9800円。

エレコム(株)
問い合わせ先 エレコム総合インフォメーションセンター 03-5337-3024



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン