このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

アドバンス技研(株)代表取締役 山本一浩氏

MSDNインタビュー第1回 日本初のビルディングブロック「104Server.com」開発インタビュー

2001年03月06日 11時25分更新

文● MSDN MAGAZINE編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MSDN会員インタビュー 第1回は、「Microsoft.NET」の大きな目的である「分散Webアプリケーション」を構築するうえで再利用可能なサービス「ビルディングブロック」のなかでも、日本初のビルディングブロックの製品である「104Server.com」サービスを取り上げる。

 オンライン・ショップでの購入手続きの際、最後に非常に面倒な作業が発生する。それは、各ショッピングサイトで共通している、サービスを利用するユーザーの氏名、会社名、郵便番号、住所、電話番号といった情報を、細かく入力するエントリー画面が表示された時である。一度、そのサイトで買物をしてしまえば、あとはパスワードの入力などで再入力をしなくてもよいサイトが増えてきたが、なかには毎回入力作業を要求するサイトも存在する。そして、この入力作業に関しては、日本語入力で住所や名前は全角、電話番号や郵便番号は半角などの使い分けも多く、PCに慣れないユーザーにとっては、非常に面倒な作業となる。

 そこで登場したのが、「104Server.com」サービスである。このサービスは、インターネット上の住所入力作業を簡単にするための「Webエントリー支援ASPサービス」として開発されたもので、Webの入力フォームから電話番号を入力するだけで、住所から氏名までを自動登録してしまうというものだ。エントリー画面を持つサイトに対して、電話番号を入力するだけで、NTTの「ハローページ」で公開されている電話番号であれば、氏名/会社名、郵便番号、住所までを一度に取得し、自動登録の一括入力が可能な機能を持ったASPサービスである。また、最新の電話番号データを利用でき、4,000万件からの検索でも、高速な検索エンジンの搭載によって、実用性に耐えられるサービスの提供が可能になったと言える。Webサイトでこのサービスを利用することによって、手入力と違い、利用者にエントリー作業の負担の軽減と迅速性をもたらすとともに、サイトの利便性が向上するというわけだ(Figure 1~5)。

サンプルページ画面
Figure 1 「104japan.com」(http://www.104japan.com/)には、「104Server.com」のサンプルページが用意されている
法人名入力画面
Figure 2 まずは、電話番号検索で、法人名(ここでは「アスキー」)を入力してみた
検索画面
Figure 3 「アスキー」で検索した結果、4件が該当した
サンプルページにアクセス画面
Figure 4 「104japan.com」から、「104Server.com」のサンプルページにアクセスする
情報表示画面
Figure 5 左側のウィンドウに、Figure 3で検索した電話番号を入力すると、郵便番号から始まる各情報が表示される。ここで「入力完了」ボタンを押すと、右側のウィンドウに用意されている入力するエントリー画面の各要素に、すべての情報が一気に入力される

 今回は、アドバンス技研(株)代表取締役 山本一浩氏に、「Microsoft.NET」テクノロジーに重点を置いて、「104Server.com」を「どのような発想から」「どのようにして開発を進めたか」についてお聞きした。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ