このページの本文へ

GR-DVP3

GR-DVP3

2001年03月01日 00時00分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ビクター(株)は、小型で軽量なDVカムコーダ「GR-DVP3」を発表、3月上旬に発売する。DVテープの動画をMPEG4に変換してメモリカードに記録する機能などを搭載する。

スリムボディによる快適な操作性に加え、SD/MMCスロットを使った静止画や動画の利用が可能な「GR-DVP3」。

 GR-DVP3は、スリムなマグネシウム合金ボディを採用し、世界最小・最軽量(2月28日時点)となるDVカムコーダ。撮像素子は68万画素の1/4インチCCDで、光学10倍ズームレンズ(F1.8、f=3.7~37mm)を搭載する。
 高域信号成分を有効活用する「スーパーハイバンドカメラ」技術により水平解像度約520本の高精細な動画記録が可能。高速メカニカルシャッタの搭載により、最高1024×768ドットのノンインターレース撮影「プログレッシブ静止画」や、低照度におけるスローシャッタ撮影が可能。側面には2インチの液晶モニタ、本体後部には0.44インチカラー液晶ビューファインダを装備する。SDカード/MMCスロット×1を持ち、静止画(JPEG)だけでなく動画(MPEG4、Windows Media形式)も記録可能、さらにDVテープに記録された動画を撮影後にMPEG4圧縮してメモリカードに記録する機能も搭載する。
 インターフェイスはビデオ出力(コンポジット、S-VIDEO)、DV入出力、USB端子。USB経由でPCから静止画や動画を読み出せるソフトのほか、MP3形式の効果音ファイルなどが付属する。付属ソフトの対応OSは、Windows 98/Me/2000、Mac OS 8.5.1/8.6/9.0/9.1。
 電源は専用リチウムイオンバッテリパックを利用し、標準タイプの薄型バッテリ(9000円)で1時間10分の使用が可能、長時間バッテリ(1万3000円)装着時は約2時間使用可能(いずれも液晶ビューファインダ使用、実撮影時間は約半分)。
 本体サイズは43(W)×90(D)×115(H)mm、重量は約410g(バッテリ、テープ、グリップベルト含む)。
 価格は23万5000円で、標準バッテリパックや充電器を含むアクセサリキットは2万8000円。

日本ビクター(株)
東京お客様ご相談センター 03-5684-9311



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン