このページの本文へ

富士フイルム、『FinePix4500』に春の2色を追加

2001年03月01日 20時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士写真フイルム(株)は1日、デジタルカメラ『FinePix4500』のカラーバージョンとして、『FinePix4500ライトブルー』と『FinePix4500ロゼピンク』の2色を追加し、22日に発売すると発表した。価格は6万8000円。併せて“FinePixアクセサリー”シリーズにショルダーケースやポーチなど3製品を追加した。

FinePix4500ライトブルーとロゼピンクの写真
『FinePix4500ライトブルー』(左)と『FinePix4500ロゼピンク』(右)

『FinePix4500』は、240万画素で432万画素相当の撮像ができる1/1.7インチの“スーパーCCDハニカム”を採用した2000年10月発売のデジタルカメラ。従来モデルは“ブラック”と“シルバー”の2モデルだったが、今回、春らしさを感じさせる“ライトブルー”と“ロゼピンク”の2色を追加したもの。

基本機能は従来のFinePix4500と同じで、F2.8で焦点距離が8.3mm(35mmカメラ換算で約36mm相当)のスーパーEBCフジノンレンズを搭載し、50cm(マクロ時6cm)からの撮影が可能。実像式光学ファインダーと、11万画素の1.8インチカラー液晶ディスプレーを搭載する。撮影感度はISO200相当。記録メディアはスマートメディアで、記録画像ファイルはDCF準拠(JPEG準拠)、DPOF対応。記録画素数は2400×1800/1280×960/640×480ピクセル。

本体サイズは幅85.5×奥行き31.0×高さ71.0mmで、重さは約155g。単3ニッケル水素電池2本と充電器専用A/Vケーブルなどが付属する。

FinePixアクセサリー3製品の写真
左から、スエードケース、ショルダーケース、プチポーチ

“FinePixアクセサリー”は、FinePixシリーズ用のアクセサリーで、追加されたのは、『FinePixショルダーケース』(ブラック/レッド)、『FinePixスエードケース&ストラップ』(ブラック/ブラウン/レッド)、『FinePixプチポーチ&ストラップ』(ブルー/オレンジ/ピンク)の3製品。価格はショルダーケースが2000円、スエードケースが3500円、プチポーチが2000円。22日に発売する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン