このページの本文へ

FinePix4500ライトブルー/ロゼピンク

FinePix4500ライトブルー/ロゼピンク

2001年03月01日 19時02分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士写真フイルム(株)は、現在発売中のコンパクトデジタルカメラ「FinePix4500」に、カラーバリエーション「ライトブルー」および「ロゼピンク」を発表、3月22日に発売する。

メタリックな色あいがオシャレな「FinePix4500ライトブルー/ロゼピンク」。

 FinePix4500ライトブルー/ロゼピンクは、それぞれ明るいメタリックなブルーとピンクのボディカラーを採用したモデル。従来のシルバー、ブラックと合わせて、FinePix4500は計4色のカラーバリエーションから選べることになる。
 ボディカラー以外のスペックは従来どおり。1/1.7インチのハニカムCCD(ハニカム配列240万画素)を搭載し、432万画素相当(2400×1800ドット)の撮影が可能なコンパクトデジタルカメラ。背面には1.8インチカラー液晶モニタを搭載し、記録メディアとしてスマートメディアを採用する。レンズはf=8.3mm(35mmフィルムカメラ換算約36mm相当)のオートフォーカス。単3ニッケル水素バッテリ2本(付属)で動作する。本体サイズは85.5(W)×31(D×71(H)mm、重量は約210g(電池/メディア含む)。
 価格は6万8000円。

富士写真フイルム(株)
問い合わせ先 お客様コミュニケーションセンター 03-3406-2981



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン