このページの本文へ

ダブルクリック、地域限定で広告を配信できるサービスを開始

2001年02月26日 19時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ダブルクリック(株)は26日、ISPのアクセスポイントから地域を限定しインターネット広告を配信できるサービス“エリアターゲティング”を27日に開始すると発表した。

“エリアターゲティング”は、ダイヤルアップによりアクセスポイントに接続するユーザーの所在地域をISPの市外局番から割り出し、ダブルクリックの広告ネットワークを通じて、広告主の希望する地域に限定したバナー広告を配信するサービス。大都市圏限定、大阪地区限定といった、ユーザーが所在する地域に密着した広告キャンペーンの展開が可能としている。広告配信には同社の“DART”技術を利用し、これに日本国内約200のISPの各アクセスポイント情報とIPアドレスを関連付けたデータを参照することで、市外局番をもとにした細かい地域ごとのターゲティングを行なえる。現段階で日本国内のダイヤルアップユーザーの約75パーセントを網羅しているという。広告形式はDSJネットワークサイトへのローテーションバナー(インプレッション保証型)。バナーのサイズは縦60×横468ピクセル。料金は露出回数が12万5000インプレッションで50万円、33万4000が100万円、57万7000が150万円、100万は200万円。なお、特定サイトやカテゴリーの指定はできない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン