このページの本文へ

【速報】FSB 266MHz対応Athlonの第2弾“Athlon-1.13GHz”が登場!!

2001年02月22日 23時45分更新

文● Jo_kubota

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CPU

 2月19日にFSB 266MHz対応 "Athlon-1.2GHz"が登場したばかりだが、今度は一つ下のクロックとなる"Athlon1.13GHz"がアキバの各店に少数ながら入荷した。22日の夕方に入荷を確認したPCiN秋葉原と高速電脳では3万3300円で販売中だ。



アップ

 Athlon-1.13GHzは133MHz×8.5倍設定となり9倍設定の1.2GHzの一つ下となる。コアマーキングは"A1133AMS3C"となっており最後の"C"がFSB 266MHzを示しているのは先の1.2GHzと同じだ。倍率変更の鍵を握る"L1"だが、1.2GHz版ではクローズだったのに対し今回出回った1.13GHzでは残念ながらオープンとなっている。



L1

 価格は33000円前後と先のFSB 266MHz対応の1.2GHzに比べれば安いものの、FSB 200MHz版の1.2GHzと比べると割高となっている。ただしDDR SDRAMを使った場合の総合パフォーマンスではFSB 200MHz版の1.2GHzよりも優れることが予想されるので、この価格は妥当なのかも知れない。

 一方、今日の1.13GHz入荷と同時に、FSB 266MHz/1.2GHzも若干だが再び出回ったようだ。ただし品薄であることには変わりは無く、バックオーダー分で店頭に並べる間もなく売りきれてしまったショップもあるようだ。土曜日には再入荷というショップも多く週末になれば何とか店頭で買えるかも知れない。なお、編集部には新たなCPUラッシュの情報が入ってきており、アキバはまだまだ賑わいそうだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ