このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

【緊急調査】FSB 266MHz版Athlon対応製品実売価格情報

2001年02月20日 21時04分更新

文● 小板/小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 19日の速報でお伝えした通り、アキバのショップでFSB 266MHz対応のAthlon-1.2GHzが発売になった。入荷数がわずかであったため、次の日には即売り切れになったところが多いようだが、午後3時の段階で2個だけ残っていたのはUSER'S SIDE本店。店頭価格は3万8800円だった。おそらく、夕方には完売してしまったのではないかと予想されるが、今回、即売り切れになったショップでも、今週末までには再入荷するとしているところは多い。また。FSB 266MHz対応のAthlon-1.13GHzも、今週木曜日から週末の土・日曜日にかけて入荷するとの情報が入ってきている。

DDR対応マザーボード販売のようす

 さて、編集部では新型Athlon-1.2GHzの登場にあわせて、対応マザーボードとDDR SDRAMの価格調査を実施した。マザーボードのなかで人気が高いのは、ディップスイッチでの倍率変更機能を搭載したASUSTeKの「A7V133」。もっとも早く登場したKT133A搭載マザーだが、依然として人気が続いているようだ。一方、BIOS上で倍率変更が可能なマザーのなかではAbitの「KT7A」が注目株。ただし、ショップによって人気が真っ二つに分かれていた。
 DDR対応マザーボードのなかでは、圧倒的にASUSTeKの「A7M266」が好評。ALiMAGiK 1搭載のIwill製「KA266」や「KA266-R」に、デビュー当初ほどの人気はでていないようだ。

 今回の新Athlon登場で、週末のアキバはいつもとは違った賑わいを見せるだろう。この機会にマザーやCPUを新しく購入しようという人は、ぜひ今回の調査を参考にしていただきたい。

【関連記事】

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ