このページの本文へ

GigabyteからもKM133マザー「GA-7ZMM」

2001年02月16日 23時20分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GA-7ZMM

 すでにMSI、SOYO、ASUSTeK、ZIDAから登場しているAthlon/Duron用のビデオ統合チップセットKM133を搭載したマザーボードが、今週はGigabyteからも登場した。ギガパレス秋葉原本店が1万5800円で販売中。



バックパネル

「GA-7ZMM」という型番を与えられた同製品は、NorthBridgeが“VT8365”でSouthBridgeが“VT82C686B”、MicroATXフォームファクタを採用している点で他社製品と変わりない。一見して分かる特徴は、CPUソケットの周りにコンデンサが少なくすっきりしているのと、4チャンネル出力に対応したCreativeのサウンドチップ“CT5880”を搭載していることくらいである。



マニュアル

 FSBは、マザーボード上のディップスイッチで95/100/102/103/107/110/113/115/133の中から設定可能。基板上にもマニュアルにも記載はないため、他社製品と同様、倍率変更に関する設定はできないと考えた方がいいだろう。拡張スロットはAGP×1、PCI×2、PCI/AMR×1で、DIMMスロットは2本(合計1GBまで)。Gigabyteの代名詞ともなっている“DualBIOS”はサポートしていない。



BIOS周辺
AMI BIOSを採用している。ちなみに、写真右端のディップスイッチはFSBクロック設定用

 なお、Gigabyteの製品ラインナップには「GA-7ZMM-1」も確認されている。Gigabyte製品の場合、型番の末尾に“-1”が付くモデルは廉価版を指すが、GA-7ZMM-1はAGPスロットを省略したモデルであるようだ。すなわちKL133マザーボードということになる。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ