このページの本文へ

CASSIOPEIA FIVA MPC-205/206

CASSIOPEIA FIVA MPC-205/206

2001年02月14日 11時51分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カシオ計算機(株)は、2000年11月の「COMDEX FALL 2000」で参考出展した、Transmeta社の低消費電力CPU「Crusoe」を搭載したA5ファイルサイズノート「CASSIOPEIA FIVA MPC-205」「同 MPC-206」を3月上旬より発売する。

プリインストールOSはWindows Me。標準バッテリで4.5時間、オプションの大容量バッテリを使えば9時間駆動が可能というモバイルノート「MPC-205/206」。

 MPC-205/206は、CPUにCrusoe TM5600-500MHz/600MHzを搭載するA5ファイルサイズのモバイルノート。従来のFIVAシリーズに比べると奥行きが6cmほど大きくなっているが、液晶が6.7インチから8.4インチに大型化されている(表示解像度は従来どおりSVGA)。
 MPC-205/206のCPU以外の違いとしては、標準搭載メモリが96MB/128MB、HDDが10GB/20GBが挙げられる。また、MPC-205にはUSB接続のCD-ROMドライブをセットにした「MPC-205SET」というモデルも用意されている(MPC-206のセットモデルはない)。

 価格はいずれもオープンプライスで、予想実売価格はMPC-205が16万円前後、MPC-206が18万円前後、MPC-205SETが18万円弱と見られる。
 なお、MPC-206については、試作機によるレビューを掲載している。詳しくはそちらをご覧いただきたい。

カシオ計算機(株)
問い合わせ先 カシオお客様相談室 0570-088902/03-5334-4611

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン