このページの本文へ

ソニー、単体で音楽CD/MP3ファイルを再生できるCD-R/RWドライブを発売

2001年02月09日 20時45分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は9日、ポータブルCD-R/RWドライブ『CRX10U』、『CRX76A』、『CRX76U』の3機種を発表した。

単体のみでのオーディオ再生機能を搭載した『CRX10U』

CRX10Uは、CD-R/RW書き込み4倍速、読み込み6倍速のCD-R/RWドライブ。PCに接続してCD-R/RWドライブとして利用できるほか、本体のみで音楽CDや、CD-RやCD-RWに記録されたMP3ファイルを再生できる。付属のリモコン付きヘッドホンを本体に装着することで、ポータブルCDプレーヤーのようにリモコン操作で音楽CDやMP3ファイルの再生を楽しめる。リモコンには液晶パネルが搭載されており、楽曲の時間表示のほか、音楽CDに記録されるCD TEXT情報や、MP3ファイルのID3タグ情報も表示できる。

単体で音楽CDやMP3ファイルの再生が可能な『CRX10U』

インターフェースはUSB。対応OSはWindows 98/Me/2000 ProfessionalおよびMac OS 8.6以降。アプリックス社のライティングソフト『WinCDR 6.0』と『MacCDR 4.1』が付属する。電源はリチャージャブルバッテリーパックおよびACアダプター。バッテリー駆動時間は音楽再生時で2.5時間、書き込み時で2時間。バッテリー残量が少なくなると本体ランプが点滅するほか、ライティングソフトを利用していた場合は残量が少ないとの警告メッセージがソフトの画面上に表示されるようになっている。

本体サイズは幅132×奥行き189.5×高さ25mm、重量は340g。3月1日発売で、価格はオープンプライス、推定小売価格は4万5000円前後。

PCカード接続の『CRX76A』とUSB接続の『CRX76U』

『CRX76A』と『CRX76U』は、既存製品『CRX75』の後継機種となる薄型のポータブルCD-R/RWドライブ。

CRX76Aは、CD-R書き込み8倍速、CD-RW書き込み4倍速、読み込み24倍速のCD-R/RWドライブ。インターフェースはPCカード(TypeII、CardBus対応)で、対応OSはWindows 95/98/Me/2000 Professional。ライティングソフト『WinCDR 6.0』が付属する。電源はACアダプター。本体サイズは幅129×奥行き134×高さ15mm、重量は200g。3月1日発売で、価格はオープンプライス、推定小売価格は3万5000円前後。

PCカード接続のCD-R/RWドライブ『CRX76A』

CRX76Uは、CD-R書き込み4倍速、CD-RW書き込み4倍速、読み込み6倍速のCD-R/RWドライブ。インターフェースはUSBで、対応OSはWindows 98/Me/2000 ProfessionalおよびMac OS 8.6以降。ライティングソフト『WinCDR 6.0』と『MacCDR 4.1』が付属する。電源はACアダプター。本体サイズは幅129×奥行き134×高さ15mm、重量は200g。3月1日発売で、価格はオープンプライス、推定小売価格は3万3000円前後。

USB接続でWindowsとMacintosh両対応の『CRX76U』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン