このページの本文へ

キヤノン デジタルビデオカメラ FV20

キヤノン デジタルビデオカメラ FV20

2001年02月08日 14時59分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノン(株)は、業界初の3倍録画機能を搭載したハンディサイズDVカムコーダ「キヤノン デジタルビデオカメラ FV20」(愛称:撮レビアン)を発表。キヤノン販売(株)を通じて3月中旬より販売を開始する。

スリムなデザインの「FV20」。側面の操作パネル部はLEDにより3色にライトアップする「イルミネーション機能」が追加されている。

 FV20は、業界初の「3倍録画モード」を採用する。これはデジタル動画の圧縮率を上げて録画するモードで、従来のSP(標準)/LP(1.5倍)/ESP(2倍)に加えてELP(3倍)の録画モードが加わっている。これは画像圧縮率を上げるとともに明暗所の階調表現を若干落とすことにより、通常のDVテープに3倍の記録が可能となるもの。
 さらに、MMC/SDメモリカードスロット×1を装備し、静止画(640×480ドット)の記録が可能。静止画撮影時にはメカニカルシャッターを用いてCCDの奇数フィールドと偶数フィールドを同時に撮り込むため、CCDはビデオ用インターレース仕様ながらプログレッシブ画像の撮影が可能となっている。
 ボディデザインおよび基本仕様は従来機種「FV2」を継承する。撮像素子に46万画素(有効29万)の1/4インチCCD(インターレース)を搭載し、光学10倍ズームレンズ(デジタル20倍、最大200倍)、手ぶれ補正機能を装備する。本体サイズは57(W)×134(D)×102(H)mm、重量は約635g(バッテリ、DVテープ含む)。
 価格は16万円。バッテリパックおよび充電器などの「アクセサリキット」は1万6000円。

キヤノン販売(株)
問い合わせ先 カメラ相談センター 03-3455-9353



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン