このページの本文へ

ビレッジセンター、『ケータイ・リンクIII』が503iに対応

2001年02月07日 19時19分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ビレッジセンターは7日、メモリーダイヤル/着メロ編集ソフト『ケータイ・リンクIII』がNTTドコモの“iアプリ”対応携帯電話『F503i』『P503i』に対応したと発表した。

画面
着メロ編集画面

『P503i』『F503i』では、複数メールアドレスを含む電話帳転送、128音色16和音の着メロ“iメロディ”の作成・転送などが行なえる。『ケータイ・リンクIII』では、同社のウェブサイトを通じてダウンロードできるアップローダー『Ver3.45a』をインストールすることで対応できる。また、J-フォン機種のメールアドレス転送やメール読み出しに対応したVer3.45aの差分と同ソフトの体験版も公開している。対応機種はWindows 95/98/Me/NT4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。

パッケージ『ケータイ・リンクIII』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン