このページの本文へ

日立、ハイビジョン対応の32インチ高精細プラズマテレビを発売

2001年02月07日 19時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所は7日、ハイビジョン対応の解像度を持つ32インチのプラズマテレビ『W32-PD2100』を4月10日に、BSデジタルハイビジョンプラズマテレビ『W32-PDH2100』を6月11日にそれぞれ発売すると発表した。

製品写真
『W32-PD2100』

『W32-PD2100』は、32V型の“ALIS(Alternate Lighting Surfaces Method)”方式プラズマディスプレイパネルを採用したハイビジョン対応テレビ。価格はオープン。水平方向852画素、垂直方向1024画素で構成され、ビジュアルサイズで32インチ(画面寸法対角82cm、ブラウン管テレビ34インチ相当)となる。BSデジタルハイビジョンチューナーを接続することでデジタルハイビジョン映像を高精細のまま再生できる。ディスプレー部と、チューナーおよび映像処理回路を搭載したAVCステーション(Audio Visual Control Station)とを独立させ、分割して設置できる。ディスプレー部の仕様はアスペクト比は16:9。表示色は1677万色(256階調)。輝度は650cd/平方メートル。消費電力は260W。本体サイズは幅97.4×奥行き9.0×高さ50.1cmで、重さは23.1kg。AVCステーションはD4やRGB入力を持ち、本体サイズは幅43×奥行き28×高さ12cmで、重さは5.1kg。消費電力は37W。

製品写真
『W32-PDH2100』

『W32-PDH2100』は、『W32-PD2100』にBSデジタルチューナーを搭載したBSデジタルハイビジョンプラズマテレビ。価格はオープン。ディスプレー部の仕様は『W32-PD2100』と同じだが、AVCステーションには、D4やRGBだけでなく、光デジタル、i.LINK(IEEE1394)、電話回線用モジュラーなどの端子が追加されている。重さは6.4kgで、消費電力は70W。

イメージ写真
製品の利用イメージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン