このページの本文へ

LaVie U LU700R/63DC

LaVie U LU700R/63DC

2001年02月06日 22時46分更新

文● 岡本

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

LaVie U LU700R/63DC

NEC

オープンプライス
17万9800円(Web直販モデルの同等スペック)

これまでCPUにK6-2+を搭載していたLaVieのエントリモデル「LaVie U」シリーズが、Mobile Duronに変更され新登場した。低価格A4オールインワンノートとは思えないパワフルな心臓を持つこのマシンをレビューする。

CPUの変更でよりパワフルなマシンに
しかし、そのシンプルで使いやすい構成に変わりなし

 今回のLaVie Uで注目といえば、何と言ってもCPUがMobile Duronに変更になった点だろう。K7コアを持つ初めてのノートPC用CPUであるMobile Duronは、パワーもAthlon譲り。同クロックのMobile Celeronと比べると、ベンチマークの結果はほぼ同レベルだが、以前のK6-2+搭載のLaVie Uからは、あらゆる面での動作が早くなったことが実感できた。また、ビデオチップも以前のビデオメモリをメインメモリから流用するタイプの「CyberBLADE i7」から4MBのビデオメモリを内蔵する「RAGE Mobility-M1」に変更され、Word 2000でのスクロールなどが、はっきりと高速化されたのがわかる。

本体左側面には、CPUからの熱を放出する通気口がある。しかし、以前のK6-2+モデルにあったキーボード上部の通気口が無くなったことからもわかるように、CPU自体の熱はそれほどでもなく、逆にパームレスト右下部にあるバッテリが発する熱の方が気になるくらいだ。

 ただ、Athlon/Duronは大量の熱を発するCPUとしても知られている。Mobile Duronは、デスクトップPC用のDuronと比べて動作電圧は下がっているものの、消費電力は依然として大きく、マシン左側面には比較的大きめの送風口が設置されている。しかし、実際には、長時間使っていると本体自体がほんのり熱くなる程度で、ほかのマシンと比べて特別発熱が激しいというわけではない。一方、バッテリ駆動はASCII Lab.製バッテリベンチマークでの測定で、K6-2+-500MHz搭載の「LaVie U LU50L/54DC」の1時間6分に対し、56分と短くなった。もっとも、本機は元々モバイル用途のマシンではないので、この点は特に問題にはならないだろう。



写真ではわかりにくいかもしれないが、キートップがほんの少し半透明になっているなど、好感の持てる控えめなデザインは、今回のモデルでも継承された。細かな点では、クリックボタンが以前のモデルより、大きくて押しやすくなっているのが、好印象。

 CPU以外の特徴はというと、“シンプルなマシン構成”というLaVie Uの最大の利点が、今回紹介する「LU700R/63DC」にも受け継がれている。シルバーを基調としたシンプルなデザインのボディに、XGA(1024×768ドット)表示の13.3インチTFT液晶を搭載し、20GBのHDD、モデムや24倍速CD-ROMドライブを内蔵、Office 2000 Personalがプリインストールされるなど、実用アプリでの作業やインターネットへの接続といった、多くの人がPCに求める機能を1台でこなせる点には変わりがない。

 ただ、実用的な用途だけでは少し物足りないというユーザーのために、CD-ROMの代わりに8倍速書き込み対応のCD-RWドライブを内蔵した「LU700R/63DR」、液晶が14.1インチTFTになりDVD-ROMドライブを内蔵する「LU700R/64DV」という2モデルも用意されている。実売価格は「LU700R/63DC」の17万強に対し、機能が追加された両モデルが約2万高い程度で、こちらも20万円以下で購入できる。CD-RWやDVDに興味があるのなら、最初からこれらのモデルを選択するといいだろう。

 競合製品が多数存在する、20万円以下のA4エントリーノートの中では、価格的にも装備的にも特徴を持たない本機だが、シンプルな外見の中に装備された必要にして十分な機能、強力になったCPUパワー、そしてNECならではのサポートとブランド力、それらの要素がバランスよくまとめられている。それでいて価格もお買い得なレベルに抑えられており、間違いなく人気機種になるであろう1台だ。



背面にはシリアル、パラレル、CRT、PS/2とひととおりのコネクタ類が揃っている。ここにビデオ出力が追加されているのが、春モデルの特徴だ。DVD-ROMドライブ内蔵モデルであれば、DVD-Videoの再生映像をTVに出力することも可能だ。
USBポート、FDD、CD-ROMドライブは左側面に集められている。
CPU Mobile Duron-700MHz
メモリ 64MB
液晶 13.3インチTFT
解像度 1024×768ドット/26万色
HDD 20GB
CD-ROM CD24倍速
通信 モデム
サイズ 308(W)×254(D)×39~44(H)mm
重量 約3.2kg
OS Windows Millennium Edition
オフィスアプリ Office 2000 Personal(SR-1)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン