このページの本文へ

Ultrastar 36Z15

Ultrastar 36Z15

2001年02月02日 15時31分更新

文● 丸尾

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本アイ・ビー・エムは、回転速度15000rpmの3.5インチSCSI HDD「Ultrastar 36Z15」を発表した。容量は36GBと18GBの2種類が用意され、2001年度第1四半期に出荷される予定。最大内部転送速度は647Mbps、平均シークタイムは3.4ms、キャッシュ容量は4MB。36GBモデルのプラッタ枚数は6枚、記録面数は12面で、面記録密度は10.7Gbit/inch2となっている。すでに市場に出ている15000rpmのHDDと比較してベンチマークレベルで25%高速だという。インターフェイスは、Ultra160 SCSI/Ultra320 SCSI/FibreChannel(FC-AL-2)に対応する。回転速度15000rpmのHDDとしては、Seagateの「Cheetah X15」に次いで業界で2つ目の製品となる。

IBMの製品情報Webページ(英文)



    関連記事

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン