このページの本文へ

オリンパス、FireWire接続や1.3GB対応のMOドライブを発売

2001年02月01日 19時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパス光学工業(株)は1月31日、MOドライブ『TURBO MO MO133S1S』を2月17日に、同『TURBO MO MO644S/FB』、『TURBO MO MO646S1S FireWireセット』を3月10日にそれぞれ発売すると発表した。

製品写真
『TURBO MO MO133S1S』

『TURBO MO MO133S1S』は、データ転送速度が最大毎分6.8MB、ディスク回転数が毎分6000回転の1.3GBディスク対応の外付型MOドライブ。ボディーカラーは“シルバーメタリック”を採用。独自の防塵機構を搭載する。ダイレクトオーバーライト(OW)ディスクに対応し、書き込み・読み出しともに完全下位互換に対応する。対応MOディスクは128/230/540/640/1.3GBで、オーバーライト対応は230/540/640MB。インターフェースはSCSI/Ultra SCSI(D-subハーフピッチ50ピン)。キャッシュサイズは2MB。電源はAC100Vで、消費電力は最大10W。本体サイズは118×奥行き166×高さ34mmで、重さは715g。Windows用セット、Macintosh用セットのほかに、SCSI-ATAPI変換コンバーターを同梱したPCIセットや、SCSI-FireWire変換コンバーターを同梱したFireWireセットなどを用意する。価格はWinセットが6万9000円、Macセットが7万1000円、PCIセットとノートPCセットが7万5000円、USBセットが7万9000円、Mac PCIセット、セキュリティーセット、FireWireセットは8万1000円。

製品写真
『TURBO MO MO644S/FB』

『TURBO MO MO644S/FB』は、ディスク回転数が毎分4643回転の640MB対応の内蔵型MOドライブ。5.25インチベイに対応する。独自の超小型高精度光学ヘッド“SFPピックアップ”や、“2MBスーパー・インテリジェント・キャッシュ”、“ターボシークアルゴリズム”を採用する。また、ドライブ本体をプラスチックシートで覆うことで、パソコン内部のファンによる埃の流入を防ぐラッピング処理を施している。データ転送速度は最大毎分5.1MB、シークタイムは23ms。対応機種はWindows 95/98/Me/NT4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。価格は4万4000円。

『TURBO MO MO646S1S FireWireセット』は、640MB対応のMOドライブ『TURBO MO MO646S1S』に、MacintoshのFireWireインターフェース標準搭載機に対応するUltraSCSI-FireWireコンバーターを同梱したセット製品。価格は6万9000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン