このページの本文へ

GR-DVA20K/22K

GR-DVA20K/22K

2001年01月30日 22時03分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ビクター(株)は、水平解像度約520本の高画質デジタルビデオカメラ「GR-DVA22K」「GR-DVA20K」を発表、2月上旬より発売を開始する。

SDカード/MMCスロットを装備する「GR-DVA22K」。ビデオ入力機能は8mmビデオなどのDV化にも役立つだろう。

 GR-DVA22KとGR-DVA20Kは、独自の「スーパーハイバンドカメラ回路」を搭載する。これは、従来は輝度信号と色信号との干渉を避けるためにカットしていた高域信号成分を有効活用するための新機能で、撮像素子の68万画素CCDと組み合わせることにより、水平解像度520本の高画質撮影を可能としている。
 上位モデルのDVA22KはSDカード/MMCのメモリカードスロット×1を搭載し、640×480ドットの静止画を撮影/記録できる。両機種とも静止画を撮影してDVテープに記録することが可能なほか、DVA22KではDVテープの静止画をSDカード/MMCへコピーする機能も持つ両機種ともPC接続キット(DVA22K:USB接続、DVA20K:シリアル接続)が標準付属し、DVA22KはSDカード/MMC内の静止画を、DVA20Kはテープに記録した静止画をPCに転送できる。
 ビデオ撮影機能は、光学10倍ズームレンズとデジタル10倍ズーム機能を備え、側面には3インチカラー液晶モニタを搭載する。本体前面のビデオライトを周囲の明るさ応じて自動点灯する「オートビデオライト」、シャッター速度を遅くして暗い場所にも対応する「ナイトアイ」(最低1ルクス)機能などを持つ。また、DVA22Kのみビデオ入力端子を搭載し、外部ビデオ機器からのアナログビデオ信号をDVテープにデジタル録画できる。
 バッテリはリチウムイオン充電池パック(BN-V416)が付属し、ビューファインダ使用時2時間40分、液晶モニタ使用時で2時間10分の連続撮影が可能。本体サイズは83(W)×188(D)×97(H)mm、重量は約600g(標準バッテリ搭載時:740g)。

 価格はDVA22Kが18万5000円、DVA20Kが15万5000円。

下位モデルの「GR-DVA22K」。普及機とはいえPC接続キット同梱により静止画のキャプチャが可能だ。

日本ビクター(株)
問い合わせ先 東京お客様ご相談センター 03-5684-9311

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン