このページの本文へ

SL-75KAV-X

SL-75KAV-X

2001年01月12日 17時03分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)バーテックスリンクは、台湾SoltekのAthlon/Duron対応マザーボード「SL-75KAV-X」を1月12日より発売する。

South BridgeにVT82C686Bを搭載し、最高転送速度100MB/秒のUltraATA/100対応のIDEインターフェイスを持つ「SL-75KAV-X」。赤いIDEコネクタが眩しい。拡張スロットは、AGP Pro×1、PCI×4、PCI/ISA×1の6本。「メモリだめだめ」としゃべる、Soltek製マザーではおなじみの「ボイス診断」機能も搭載。

 「SL-75KAV-X」は、チップセットにFSB200/266MHz対応のApollo KT133A(VT8363A+VT82C686B)を搭載、South BridgeのVT82C686BによりIDEインターフェイスは、最高100MB/秒のUltraATA/100をサポートする。メモリはPC100/PC133 SDRAMのDIMMを3本、最大768MBまで搭載可能。FSB設定クロックを最大161MHzまで1MHz単位で変更できるほか、CPUコア電圧(1.5~1.85V、0.025V単位)、CPU内部動作倍率、FSB設定クロックとPCIクロックの設定(自動設定以外に7種類のプリセットを用意=FSB設定クロック100MHz/PCIクロック33MHz、103MHz/34MHz、105MHz/35MHz、112MHz/37MHz、115MHz/38MHz、120MHz/40MHz、124MHz/41MHz)も変更可能。ただし、標準設定以外へ変更した場合は動作保証対象外。また、AC'97オーディオコーデックを搭載し、ゲーム/MIDI端子とLine-In/Line-Out/マイクのオーディオ端子を搭載している。
 加えて、Soltek製マザーボードではおなじみになった、独自の「ボイス診断(Voice-Diagnosis Technology)」を搭載し、PCを組み立てた際の接続不良などを音声で知らせてくれる。日本語、英語、中国語、スペイン語から選択可能で、日本語の場合、「メモリないじゃん」(DIMMが未装着)、「メモリだめだめ」(メモリの動作不良)、「CMOSだめっす」(CMOSの不具合)など、PCが起動しない場合の原因を突き止める手がかりになる。

 価格はオープンプライスで、店頭での予想実売価格は1万5000円前後。

(株)バーテックスリンク
問い合わせ先 PCプラットフォーム製品主管部 03-5259-5129

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン