このページの本文へ

ラベルマイティ+[プラス]/ラベルマイティ+[プラス]ビジネス編

ラベルマイティ+[プラス]/ラベルマイティ+[プラス]ビジネス編

2001年01月10日 17時55分更新

文● 佐久間

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ジャストシステムは、オリジナルラベル作成&印刷ソフト「ラベルマイティ」をバージョンアップし、対応する市販のラベル用紙を26社4000種類以上に強化した「ラベルマイティ+[プラス]」「ラベルマイティ+[プラス]ビジネス編」の2つを、それぞれ2月23日、3月16日に発売する。

左がビジネス向けの「ラベルマイティ+[プラス]ビジネス編」、右が家庭向けの「ラベルマイティ+[プラス]」。どちらも対応ラベルの種類が従来の約2倍に増えた。

 2月23日に発売される家庭向けのラベルマイティ+[プラス]は、CDやMDのタイトルラベル、写真シール、ネームシールなどを、画面の指示に従って操作するだけで簡単に作成できるのが特徴。今回のバージョンアップにより、ラベルメーカー各社が発売する学童向けネームシールにも対応。さらにテンプレート約4700点、イラスト2200点、背景や枠飾りなどの部品6500点、和文フォント18書体、欧文フォント52書体と、収録する素材集を増強し、年と月を指定するだけのカレンダー作成機能、文字を円弧(360度/180度/90度)に沿って配置できるレイアウト機能などが追加されている。

 3月16日発売のラベルマイティ+[プラス]ビジネス編は、職場での使用を前提にサンプル集をビジネス向けに変更したもの。対応するラベル用紙は同じ(26社4000種以上)だが、名刺や文書ファイルの背表紙、バーコード印刷(JAN-8/JAN-13/NW-7/UPC-A/UPC-E/CODE39/CODE128/ITF)に対応したテンプレート(約2200点)やビジネス向けイラストを用意し、表計算ソフトで作成した一覧表からの差し込み印刷機能や自動連番印刷、簡易表作成機能なども搭載している。フォントは和文18書体、欧文32書体が付属する。

 いずれも画像管理ソフト「デジコレ」、画像編集ソフト「写真スタジオ」、タイトル作成ツール「文字スタジオ」、読みを入力すると変換候補と同時に関連するWebサイトを表示するiATOK対応日本語IME「ATOK12」をパッケージに同梱している。また、新しいラベル用紙が発売された場合には、同社のシールとラベルの情報サイト「ラベルマイティ ステーション」で、用紙情報ファイルを無償でダウンロードできる。
 対応OSはどちらもWindows 95/98/Me/NT4.0/2000。
 価格はラベルマイティ+[プラス]が5800円、従来のラベルマイティユーザー向けの優待版(直販のみ)が3000円、ラベルマイティ+[プラス]ビジネス編が9800円、同じく直販の優待版が5800円。

(株)ジャストシステム
問い合わせ先 インフォメーションセンター 03-5412-3939/06-6886-9300

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン