このページの本文へ

ソニー、Bluetooth対応のメモリースティック拡張モジュールを開発

2001年01月05日 19時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は、メモリースティック拡張モジュール(仮称)仕様に対応した『“Infostick(インフォスティック)”Bluetoothモジュール』のプロトタイプを開発したと発表した。

製品写真
『“Infostick”Bluetoothモジュール』のプロトタイプ

これは、メモリースティックと同じ端子/形状を採用し、Bluetooth技術で無線通信を行なう通信モジュール。メモリースティック拡張モジュール仕様に対応したパソコン/デジカメ/テレビなどの機器に差し込めば、Bluetooth仕様に基づき、2.4GHzの帯域を用いて、約10mまでの転送距離を、1Mbpsの転送レートで無線通信できるという。また、同プロトタイプは、Bluetooth用の通信制御/メモリースティックインターフェース/記憶制御などの機能を1チップ化した新開発のLSIを搭載し、1枚の基板上にフラッシュメモリー/アンテナ/EEPROMなどを実装したという。本体サイズは、幅21.5×奥行き55×高さ2.8mm。本体重量は4g。

なお、同プロトタイプは、1月6日からラスベガスで開催される“2001 International CES”に参考出品される。今回の開発により、メモリースティック拡張モジュールは、2000年11月に開催された“COMDEX/Fall 2000”に参考展示された“カメラモジュール”、“GPSモジュール”、“指紋照合モジュール”と合わせて4種類になった。

製品写真
昨年のCOMDEX/Fall 2000”で参考展示された“カメラモジュール”、“GPSモジュール”、“指紋照合モジュール”

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン