このページの本文へ

CLIE PEG-S500C

CLIE PEG-S500C

2000年12月25日 20時01分更新

文● 片山哲也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CLIE PEG-S500C

ソニー

オープンプライス
4万2800円(ソニースタイルドットコム価格、オリジナルカラーキャリングケース付属)

「CLIE(クリエ)」は、いまや世界的ブランドであるソニーが放ったPalmデバイス。ソニーらしい遊び心をもったデザインで、ソニーお得意の「ジョグダイヤル」と「メモリースティック」を搭載しながらも、カラーPalmデバイス中、最小・最軽量のボディを誇る。

ソニーらしさが漂うデザインと機能

 カラー液晶は256色表示の反射型液晶を搭載しているが。屋外では問題ない視認性を確保しているものの、室内などでは見難く、使用には慣れが必要だ。

シンプルな直線構成だがシルバーとブルーのツートーンは単色が多いPalmデバイスのなかではお洒落なデザインだ。反射型液晶は少々見づらいが、モノクロに比べれて+αの表現力という感じ。

 同社のノートPC「VAIOシリーズ」などにも採用されているソニーオリジナルのジョグダイヤルは、電車やバスの中で片手で操作できるようになるため、データビュワーとしてのCLIEの能力をフルに発揮してくれる。まだまだ対応アプリケーションは少ないが、これは時間が解決してくれるはずだ。
 メモリースティックスロットが搭載されているのもソニーらしい。Visorの「SpringBoardスロット」、TRGProの「CFスロット」に続いて拡張メモリを利用できるようになったわけだ。現在は外部メモリとしてしか利用できないものの、将来的にはGPSやBlueToothなどに対応したメモリースティックデバイスやアプリケーションをインストールしたメモリースティックの登場も予定されている。

上部中央がメモリースティック用スロットで、奥まで押し込むとカチッとセットされる。メモリースティックのリリースはもう一度押し込めばよい。ジョグダイヤルはPalmのシンプルな操作性との相性もよく、驚くほど使い勝手がよい。

 バッテリもオリジナルのリチウムイオン充電池を採用し、小さなボディからは想像できないパワーを秘めている。正式な容量は非公開となっているが、同じカラーデバイスでリチウムイオンバッテリを内蔵しているPalmIIIcよりもはるかに軽量で長時間駆動に仕上がっている。後述する携帯電話/PHS接続アダプタもCLIE本体からバッテリーを供給することで、小型軽量に仕上げることができたわけだ。
 もう1つの特徴である、携帯電話/PHS接続アダプタを標準添付というのもソニーが初めてだ。PDA機器は「常時携帯してネットワークに接続することで真価を発揮する」というソニーのポリシーが込められている。CLIEオリジナルのWebブラウザ「Palmscape」と電子メールソフト「MultiMail」もプリインストールされている。

携帯電話インターフェイスは本体下部に同梱のアダプタを装着し、同じく同梱のケーブルを使って携帯電話と接続する。

 ソニーオリジナルはハードウェアだけではなく、ソフトウェアでも追求されている。VAIOなどにプリインストールされている画像管理ソフトの「PictureGear」から、CLIEに転送した画像を見るための「PictureGear Pocket」。PC上のムービーをCLIEにコンバートしてムービーを再生するための「gMedia」。CLIEでマンガが読めてしまう「ComicTime」など楽しいアプリケーションが用意されている。
 また、すでにパッケージで販売も始まっているが、「ATOK Pocket」を最初にプリインストールしたのはCLIEだ。効率の高い日本語入力を可能にし、アップグレード(CLIEユーザー優待価格:3800円)することで、手書き文字認識での入力も可能になる。
 ソニーらしさをハードでもソフトでも表現しているデバイスとして、CLIEはほかのPalmOS互換機とは一味違う楽しさがある。次期モデルではサウンド機能の搭載が噂されており、そうすればメモリースティックォークマン的な使い方も可能になるため、Palmユーザーやソニーファンなどの期待を集めている。いずれにせよ、CLIEからは目が離せないだろう。

付属のACアダプタの端子はCLIE本体の下部にも、クレードルにも装着できるような特殊な形状をしている。クレードル後部のコネクタは電源以外の拡張端子があるので、ここに接続する機器が追加されることもありうるだろう。
付属品の合皮カバーはサイド部には芯が入っており本体をしっかりホールドする。下部にフリップする構造のため、クレードルに載せるときは外す必要がある。
製品名 CLIE PEG-S500C
OS Palm OS 3.5 日本語版
CPU Dragonball EZ-20MHz
メモリ 8MB(DRAM)/4MB(フラッシュ)+8MB(メモリースティック)
表示 160×160ドット/256色表示反射型STNカラー液晶
インターフェイス USB、シリアル(オプション)、メモリースティックスロット、PDC/PHS(接続ケーブルオプション)
バッテリ リチウムイオン
バッテリ駆動時間 15日
本体サイズ 70.9(W)×15.2(D)×114.7(H)mm
重量 約122g

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン