このページの本文へ

静音化アイテムにまたひとつ新製品登場!今度はアスファルト特殊加工品?

2000年12月23日 03時23分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「静かシート」……、あまりにもストレートな製品名だが、親和産業が取り扱う静音化アイテムのひとつ(型番はSS-SZKA)。販売しているのはPCiN秋葉原、CUSTOM、OVERTOP。価格はどのショップも3280円となっている。

 同製品は、厚さ1.5mm、400×250mmの大きさのシート4枚入り。材質はアスファルト特殊加工品としかわからないが、持ってみた感じはずっしりと重い。聞くところによると自動車メーカー、家電メーカーの防音、振動吸収剤として使われているものらしい。結構硬いものなのかと思いきや、ハサミやカッターでも切れると書かれており、好みの大きさに切ってケースなどの内側に貼り付けて使う。パッケージを開けると、薬品系の臭いが鼻をつくが、時間がたつと臭いはなくなるとのことだ。



PCiN秋葉原では開封したものを展示しているため、手にとって材質を確認できる。

 この静かシートはPCiN秋葉原がメーカーに呼びかけて製品化が実現したものだという。同ショップでは「静音効果の高いファンを使っても騒音の低減には限界がある。それに満足できない人や、もっと別の部分の工夫で騒音を抑えたいという人は使ってみては」と話している。
 なお、パッケージの注意書きとして、「気温が低いときなど貼り付けが悪くなる場合があるので、暖めてからしようしてください」「HDDや電源など熱がでるものに使用しないでください」とあったことを付け加えておく。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ