このページの本文へ

「All-in-Wonder」の強敵?「AGP-V7100 DELUXE COMBO」発売開始!!

2000年12月20日 23時53分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ビデオキャプチャカードに、また新製品が登場した。20日店頭に並んだのはASUSTeK「AGP-V7100 DELUXE COMBO」で、いわばGeForce2 MX搭載カード「AGP-V7100」の機能強化版だ。ASUSTeKはマルチメディア機能満載のカードとうたっているが、製品仕様を見てみるとATIの「All in Wonder」の対抗製品と言える。
 搭載メモリは同32MB(チップはSUMSUNG製)。VGA出力とTV出力が同時にできるTwinView対応モデルであるばかりでなく、資料によれば“ASUS TimeShiftサポート"もサポート。特に他のビデオキャプチャカードのタイムシフト再生とそれほど違いはないようだ。解像度やエンコーディング方式、ビットレートなどの詳細についての記述がみられないが、代理店によると最大解像度は720×480ドット、MPEG2をサポートとのことだ。



 コムサテライト3号店で展示されていたものをみる限りでは、複合ケーブルと「ASUS SmartVR 3D glasses」がついている。複合ケーブはSビデオ、コンポジット(音声、映像)を一緒にまとめたものだが、All in Wonderに同梱されているものとそっくりである。未確認ではあるが、もし同じものだとすればビデカード側から分岐ケーブルを使ってサウンドカードのライン インにケーブル接続し、音声を取り込むタイプと思われる。



店頭のポスターには「男ならコンボ」とのキャッチが。代理店によると別に意味はない、とのこと。黙ってコレを買えというところだろうか

 また資料によるとテレビチューナー機能としては、放映中の番組をひと目で確認し、クリックするだけで任意の番組を選択できる便利な機能もあるという。現在、このカードを販売しているのはDOS/Vパラダイス(2万6800円)とコムサテライト3号店(2万7800円)。なお、T-ZONE.DIY SHOPでも近日入荷予定であるとの話だ。



【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ