このページの本文へ

NTT Com、“OCN ADSLアクセス”の提供を開始

2000年12月19日 20時44分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティコミュニケーションズ(株)は19日、(株)アッカ・ネットワークスやNTT東日本/NTT西日本が提供するADSLサービスを利用するインターネット接続サービス“OCN ADSLサービス”の提供を開始すると発表した。提供するのは、アッカのADSLサービスに対応した“OCN ADSLアクセス・ACCAプラン”と、フレッツ・ADSLに対応した“OCN ADSLアクセス・フレッツプラン”。

OCN ADSLアクセス・ACCAプラン

“OCN ADSLアクセス・ACCAプラン”は、アッカのADSLサービスを利用して、OCNダイヤルアクセスのアクセスポイントにダイヤルアップ接続できるサービス(アクセスポイントまでの通信料金は別途必要)。付加サービスとして、電子メール、ネットニュース、10MBまでのホームページ開設(Page ON)、ホームページで電子メールを扱える“Mail ON”が無料で利用できる。IPアドレスは、1契約ごとに1個をダイナミックに割り当てる。料金は、ADSL回線を加入電話と共有する場合、ACCAプラン利用料金の5500円とNTT東日本/西日本のADSL接続サービス料金300円を合わせた5800円。共有しない場合は、NTT東日本/西日本の料金が2100円となる7600円。NTT東日本/西日本の料金についてはNTT Comが一括請求する。初期費用は、モデムレンタル料を含み、2万7800円。提供エリアは、東京都の中央区など8区の一部と大阪市の北区など3区の一部で、開始時期は2001年1月下旬を予定している。

OCN ADSLアクセス・フレッツプラン

“OCN ADSLアクセス・フレッツプラン”は、フレッツ・ADSLを利用して、OCNダイヤルアクセスのアクセスポイントにダイヤルアップ接続できるサービス(アクセスポイントまでの通信料金は別途必要)。付加サービスはACCAと同じ。料金は、ADSL回線を加入電話と共有する場合、フレッツプラン利用料金の1950円とNTT東日本/西日本のフレッツ・ADSLの料金1950円を合わせた6550円。共有しない場合は、NTT東日本/西日本の料金が6200円となる8150円。NTT東日本/西日本の料金についてはNTT Comが一括請求する。初期費用は、ADSL回線を加入電話と共有する場合が1万7300円で、共有しない場合が1万4800円。提供エリアは、東京都の渋谷区など4区の一部と大阪市の北区など3区の一部で、開始時期は12月26日を予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン