このページの本文へ

GBS-P15CDR

GBS-P15CDR

2000年12月07日 22時25分更新

文● 内田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GBS-P15CDR

フロンティア神代

32万8000円

コンシューマ向けの低価格モデルからPCサーバ/ワークステーションまで、豊富なB.T.O.マシンをラインナップするフロンティア神代だが、同社のフラグシップシリーズである「G-BREAK(ギガブレイク)」シリーズにPentium 4モデルが加わった。現段階のPentium 4マシンではIntelマザー採用メーカーが多い中、本機は、MSIの「MS6339」を採用してきている。

ケースにもオプション追加が可能
B.T.O.のきめ細かさも魅力

 フロンティア神代の「G-BREAK」シリーズ最新モデルであるPentium 4搭載モデルは、「GBS-P15CDM」と「GBS-P15CDR」の2機種が基本構成となる。両モデルの位置づけは、GBS-P15CDMはヘビーユーザー、ゲームユーザー向けのコンシューマモデル、GBS-P15CDRはCADやCG、各種研究所向けのプロユースモデルとなっている。

 Pentium 4マシンではIntel製のi850チップセット搭載マザーボードを採用しているメーカーが多い中、フロンティア神代は両モデルともMSI「MS6339」を採用している(B.T.O.での変更は不可)。RIMMスロットは4本で、標準で128MB(PC800 RDRAM、GBS-P15CDRは256MB)が装着されているが、B.T.O.により512MBまでメモリを追加可能だ。

「G-BREAK」シリーズのPentium 4モデルで共通採用されているMSI製マザーボード「MS6339」。B.T.O.では最大640MBまでメモリを搭載可能だが、マザー自体は2GBまでサポートする。

 ビデオカードにはカノープス「SPECTRA 8400」が標準で選択されている。11月21日の発表時点では、GBS-P15CDMが「SPECTRA 7400DDR」、GBS-P15CDRが「Millennium G450 Dual」となっていたが、現在は両モデル共通でSPECTRA 8400に変更されている。なお、B.T.O.ではMillennium G450が選択可能だ。このほか、HDDの30GB(NEC製、7200rpm)、Intel製の10BASE-T/100BASE-TX Ethernetカードが両モデル共通の標準構成だ。

 光ディスクドライブは、GBS-P15CDMがティアック製40倍速CD-ROMドライブ、GBS-P15CDRがプレクスター製のCD-RWドライブ「PX-W1210BA/BS」(R12倍速/RW10倍速/CD32倍速/BURN-Proof搭載)となっている。

 ケースは従来のG-BREAKシリーズと同じATXミドルタワーが採用されている(電源はPentium 4用のものに変更された)。左右側面と天面がそれぞれ独立して取り外せ、マザーボードを取り付けるパネル部分は背面に引き出し可能と取り扱いが容易で、AGPカードを上から押さえておくための支柱やフルサイズPCIカードを支えるための「ロングカードホルダー」が標準で取り付けられているなど、抜けやすい、緩みやすいカード類への備えも万全だ。また、B.T.O.では、ケースファン(最大2個)やHDDファン、AGPカード用ファン(支柱に取り付ける)が追加できたり、ロングカードホルダーの代わりに、HDDマウンタキット(最大6台のHDDが取り付け可能)を選択でき、ケースのカスタマイズにもこだわることが可能になっているところもおもしろい。ヘビーにPCを使うユーザーなら、あらかじめ将来の増設などもある程度見越してケースのオプション追加も検討するといいだろう。

マシン側面。標準では3.5インチシャドウベイが2個とやや物足りない感もあるが、ケースのオプションでHDDマウンタを追加すれば、最大6台のHDDが取り付け可能となる。

 基本構成の価格は、GBS-P15CDMが29万8000円、GBS-P15CDRは38万8000円。今回評価機として借用したマシンは、GBS-P15CDRをベースに、メモリを128MBに、HDDを46.1GBにそれぞれ変更したもので、この構成での価格は32万8000円となる。メモリの量こそ半分にはなっているが、これによるコストダウンはかなり大きい。基本構成で40万円弱というと、現在ではかなり高価な部類に入るマシンではあるが、最速Pentium 4+最強クラスのビデオカード+人気・実績ともに高いCD-RWドライブ、というトータルクオリティの高さは非常に魅力的なマシンだ。

GBS-P15CDRに搭載されるCD-RWドライブ「PX-W1210BA/BS」(プレクスター)。バッファアンダーラン防止機能付きの人気製品だ。
CPU Pentium 4-1.5GHz
メモリ 128MB
ビデオ GeForce2 GTS
HDD 46.1GB
CD-RW R12倍速/RW10倍速/CD32倍速
通信 LAN
OS Windows Millennium Edition
モニタ
Officeアプリ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン