このページの本文へ

ワインレッドやシャンパンゴールドのキーボードはいかが?

2000年11月24日 11時19分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ツクモeXで展示されていたオウルテック製のカラフルなキーボード

 今、ショップでやたら目立っているキーボードがある。オウルテックが販売している112日本語キーボード(PS/2)だ。カラーはアイボリー、ワインレッド、シャンパンゴールド、ブルーの4種類。多くのショップではアイボリーを除く、3種類のカラーを取り揃えている。作りは全く違うのだが、ダイアテックのメカニカルキーボードが、赤ベースに黒のキーを配列した製品を出しており、これまではそちらの方が人目をひいていたような気がするのだが・・・・・・。



OVERTOPでは、ポップに洒落たひと言をつけ加えている

ちなみにOVERTOPでは、専用のポップを作り「シャンパーニュ地方に伝わる、大人の色のキーボード」「深みのあるオシャレな赤。例の彼専用か?」・・・・・・など洒落たひと言を加えている。例の彼とは、おそらく星野金属工業のケースのことを言っているのだと思うが、ケースに合わせてキーボードもバラエティーに富んできたという印象を受ける。

 あるショップでは「値段だけみると不安になるが、思ったほど悪くはない。ワインレッドがよく売れている」とのこと。その値段だが、軒並み1500円前後といった破格値で販売されている。

 キーボードは、ユーザーによって好みの分かれるアイテムのひとつであるが、新しいモノ好きな人、変わったもの好きの人は、ひとつ買ってみるのはいかがだろうか。


ショップ名 価格
ツクモ.eX. \1,480
OVERTOP \1,239
PCiN秋葉原 \1,680
*アイボリーは価格が異なる場合があります 【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ