このページの本文へ

日本語.comが順調なのに対し日本語.jpは再び延期

2000年11月10日 19時53分更新

文● ASCII24 Business Center 高島茂男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(社)日本ネットワークインフォメーションセンター(以下JPNIC)は10日、「汎用JPドメイン」のスケジュールを全体的に1カ月遅らせる予定であると発表した。9月に示した当初案からこれで2回目の延期となる。

この動きは、米Network Solutionsのマルチリンガルドメインネームサービスの受け付けが11月10日に順調に開始されたのと対照的だ。

延期の理由についてJPNICは、11月2日に開催された臨時総会において、スケジュール案が継続審議扱いとなったためとしている。JPNICは12月22日に総会を予定しており、そこで新スケジュール案が承認されれば、来年2月22日から汎用JPドメインの優先登録申請が開始となる。

前回の延期を「汎用JPドメインのプロモーション期間を確保するため」、そして今回は「JPNIC会員からの意見を受け付ける期間を確保するため」としている。当たり前のことをスケジュールに織り込んでいなかったとでもいうのだろうか? 次の総会の結果しだいではJPNICの体制や在りかたが問われそうだ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン