このページの本文へ

コンパック、SXGA+液晶ディスプレー搭載ビジネスノートなどを発表

2000年11月02日 18時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)は1日、企業向けのノートパソコン『Compaq Armada(アルマダ)ファミリ』に2機種8モデルを追加したと発表した。オールインワンスタンダードの『Armada E500』に15インチSXGA+対応TFT液晶ディスプレーを搭載した最上位モデルを始めとする6モデルを、ハイエンドモバイルノートの『Armada M700』にPentium III-850MHzを搭載した2モデルを追加したもの。両シリーズともワンタッチでインターネット接続ができるインターネットボタンを全モデルに装備する。価格は『Armada E500』が18万500円より、『Armada M700』は34万8000円より。11月下旬に出荷を開始する。

『Armada E500』

『Armada E500』は、ビジネスユース向けのオールインワンタイプのノートパソコン。今回の新製品ではラインアップを一新し、液晶パネルのサイズとプロセッサ、プリインストールOSの組み合わせによる6モデルを用意した。14.1インチモデルにはCeleron-600MHzとSpeedStepテクノロジ対応のPentium III-800MHzを、15インチモデルにはPentium III-850MHzを搭載する。15インチモデルには有効表示画面で17インチCRTディスプレーを超えるSXGA+(解像度1400×1050ドット)対応の液晶ディスプレーを採用した。最小構成の『C600/14/10/C/64/8』の仕様は、Celeron-600MHz、64MBのSDRAMメモリー、10GBのHDD、最大24倍速CD-ROMドライブ、14.1インチTFT液晶ディスプレーとなる。OSはWindows 98 SE。

『Armada M700』は、薄型軽量のA4サイズモバイルノートパソコン。Pentium III-850MHzを搭載した2モデルを用意する。最小構成の『P850/14/20/C/64/8』の仕様は、Pentium III-850MHz、64MBのSDRAMメモリー、20GBのHDD、14.1インチTFTディスプレー、最大8倍速DVD-ROMドライブとなる。OSはWindows 98 SE。

なお、同社では『Armadaファミリ』用のオプションとしてマルチベイに装着する最大8倍速DVD-ROMドライブと10GB/20GBのHDDを発売する。DVD-ROMドライブにはDVD再生ソフトが添付される。最大8倍速DVD-ROMドライブの価格は2万6000円、10GBのHDDが3万2000円、20GBは5万円。
また、今回の発表に伴ない、現行製品を最大で13パーセント、オプション製品を最大で27パーセント引き下げる価格改定を実施する。最大値下げとなる『Armada M300シリーズ』(L6600/12/Win95/98)の仕様は、Pentium III-600MHz、64MBのSDRAMメモリー、12GBのHDD、12インチTFT液晶ディスプレーとなる。OSはWindows 98 SE。価格は21万3000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン