このページの本文へ

米コンパック、第3四半期の売上は112億ドルと過去最高

2000年10月27日 15時38分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンパックコンピュータ(株)の26日付けの発表によると、米コンパックコンピュータ社は、現地時間の24日、2000年第3四半期(7~9月期)の実績を発表した。それによると、全世界売上高は前年同期比22%増の112億ドル(約1兆2132億9600万円)で、純利益は前年同期比293%増の5億5000万ドル(約595億8150万円)となった。営業利益は前年同期比558%増の7億8900万ドル(約854億7237万円)となった。

業績全体の牽引車となったのは、インダストリースタンダードサーバーで、売上高は16億ドル(約1733億2800万円)となり、2期連続で40%増となった。企業とISPがデータセンターの構築を続ける中、すべての地域で売上高の堅調な伸びが見られた。

そのほかにも、エンタープライズストレージやコンシューマグループの売上は、前年同期比で40%以上増加し、企業向けパーソナルコンピューティンググループの売上も前年同期比28%増となった。

同社の会長・社長兼CEOのマイケル・カペラス氏は「今後も、売上高の力強い伸びの持続が見込まれる」と語った。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン