このページの本文へ

ジャスト、Palm OS対応の日本語変換システムを発売

2000年10月25日 19時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ジャストシステムは25日、日本語変換システム『ATOK Pocket for Palm OS 手書き入力対応版』と、メールソフト『Shuriken Pro /R.2』を、12月1日に単体パッケージ製品として発売すると発表した。価格は『ATOK Pocket for Palm OS 手書き入力対応版』が6800円、『Shuriken Pro /R.2』は5800円。

『ATOK Pocket for Palm OS 手書き入力対応版』

『ATOK Pocket for Palm OS 手書き入力対応版』は、日本語版と英語版(+J-OS IV)双方のPalm OSに対応した日本語変換ソフト。日本語変換システム『ATOK』の連文節かな漢字変換エンジンを搭載する。辞書は、モバイル環境を考慮した語彙で構成した“標準辞書”に加えて、“ロサンゼルス”と入力すると“Los Angeles”と変換する“カタカナ語英語辞書”、標準辞書の語彙を充実させた“ラージ辞書”の3つを搭載する。 また、定型文やメール署名など登録文書をワンタップで入力できる“お気に入り”機能を搭載するとともに、ひらがなを入力して変換する“ひらがな手書き”と、すべての文字の手書きが可能な“手書き文字”の2種類の手書き入力機能を装備する。対応OSは日本語版のPalm OS Ver.3.1J/3.5J、英語版のPalm OS Ver.3.1/3.3/3.5。提供媒体はWindows/Macintoshハイブリッド版CD-ROM。

手書き文字
ひらがな手書き

なお、同製品の手書き入力機能、追加辞書、お気に入りは、ATOK Pocket for CLIE、ATOK Pocket for PalmComputingポータブルキーボード、ATOK Pocket for Visorでも利用できる。同社では、これらの機種の登録ユーザーを対象に、優待販売を実施する。価格は3800円。

『Shuriken Pro /R.2』

『Shuriken Pro /R.2』は、Palm OSに対応したメールソフト。『Shuriken Pro』のバージョンアップ版にあたる。Palmデバイスとのデータリンクを強化し、メール本文をDOC形式にコンバートしてPalmデバイスに転送したり、HotSync経由で同期させる際、長いメールの分割同期ができるなど、モバイル環境での親和性を強化したという。そのほか、特定のフォルダーを非表示にできる“ひみつフォルダ機能”、ユーザーの指定により受信・送信メールをひとつのフォルダーにまとめて表示できる機能、送信メールをフォルダーに保存してテンプレートとして再利用できる“テンプレートフォルダ機能”などを搭載する。対応機種はWindows 95/98/MeNT4.0/2000を搭載したIBM PC/AT互換機とPC98-NXシリーズ。対応PalmデバイスはIBM WorkPad、およびソニー(株)、パームコンピューティング(株)、ハンドスプリング(株)、米TRG Products社製のPalmデバイス。

なお、同製品をジャストシステムのユーザーを対象に優待販売する。価格は3800円。この優待製品はジャストシステムからの直接販売となる。また、『Shuriken Pro』ユーザーへは『Shuriken Pro /R.2』への無料アップデートモジュールを公開する。

同社では、ジャストシステムユーザー向けに『ATOK Pocket for Palm OS 手書き入力対応版』と『Shuriken Pro /R.2』のセット優待販売を実施する。価格は6000円。これらはジャストシステムよりの直接販売となる。申込受付は11月20日に開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン