このページの本文へ

日立が、米GTのEビジネスコンサルティング部門を買収

2000年10月25日 19時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所と米国の会計経営コンサルティング会社の米Grant Thornton(グラント・ソーントン)社(GT)は25日、日立がGTのEビジネスコンサルティング部門“e-Business Consulting Group”を約1億7500万ドル(約189億円)で買収することで契約したと発表した。

日立では、、'99年11月に中期経営計画“i.e.HITACHIプラン”を発表し、“ベスト・ソリューション・パートナー”への変革を目指し、買収や提携、資本参加等も活用した積極的な事業展開を進めている。今回の買収はその一環であり、米国内にITサービス事業のコア組織を確保し、グローバルなソリューション事業へ本格参入するとしている。
北米第6位の会計経営コンサルティング会社であるGTは、2月からEビジネスコンサルティング部門の分離独立を検討していた。同部門は、中堅企業向けのインターネット技術を活用したCRM、SCM、ERPなどの分野のコンサルティングとシステムインテグレーションに強みを持ち、多くの実績をあげており、分離独立にあたって、中長期的ビジョンを持つ戦略的パートナーを求めていたという。同部門では、今回の日立グループへの参加によって、現有のコアコンピタンスと日立の持つ技術力およびグローバルなビジネス展開力との融合により、ソリューション市場での一層の事業拡大が可能となるとしている。また、GTにとっても今回の部門売却は、戦略的な買収やユーザーの求める新しいサービスの開発などコアビジネスにおいて投資を進めていく原資が得られる効果があるとしている。

日立は買収完了後、新会社を設立し、Eビジネスコンサルティング部門の業務および経営陣を引き継ぐ。新会社は、同部門が培ったブランド力のもと、独立ビジネスユニットとして、ストックオプション、インセンティブプランなど米国ITサービス会社で一般的な経営手法を取り入れていく。今後、米国での株式公開も視野に入れ、また買収を含む追加投資を計画しており、5年後に売上10億ドル(約1080億円)のグローバルなITサービス事業とすることを目標としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン