このページの本文へ

ナイキジャパン、スポーツ用デジタルオーディオプレーヤーを発売

2000年10月23日 20時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ナイキジャパンと、米S3社の日本市場におけるリテール部門を担当する(株)ダイアモンド・マルチメディア・システムズは23日、ナイキジャパンがアスリートやスポーツ愛好者向けのハイテクスポーツギア“Nike TecLab(ナイキ テックラボ)”ブランドから、スポーツ用デジタルオーディオプレーヤー『NIKE PSA Play 120』と『NIKE PSA Play 60』を11月下旬に発売すると発表した。米ナイキ社とS3の共同開発製品。販売は“ナイキストアホークスタウン”(福岡)、ナイキストア心斎橋(大阪)、および全国家電量販店を通じて行なう。価格はオープンプライス(予想販売価格は120が3万3800円、60は2万2800円)。

『NIKE PSA Play』

『NIKE PSA Play 120』は64MBのメモリーを、『NIKE PSA Play 60』は32MBのメモリーをそれぞれ搭載したデジタルオーディオプレーヤー。マルチフォーマットデジタルオーディオテクノロジーの採用によりWMA、MP3などのデジタルフォーマットに対応する。スポーツをする際にも音楽が聴けるようにヘッドフォンや本体のデザインなどをカスタマイズしたという。本体を腕に装着する“アームホルダー”、ベルトに装着する“ベルトクリップ”、ヘッドフォンなどが付属する。本体サイズは未定、重さは77g。電源はアルカリ単3電池。対応機種は未発表だが、Windows、Mac OSに対応の予定。

『NIKE PSA Play』の製品パッケージ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン