このページの本文へ

丸紅テレコム、携帯電話向けの無料データストレージサービスを開始

2000年10月20日 23時01分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

丸紅テレコム(株)は20日、携帯電話向けの無料データストレージサービス“pandoru.com(パンドル ドット コム)”を10月25日に開始する。

本日都内で行なわれた発表会で、同社IT事業本部部長の有田大助氏は、「待ち受け画面や着メロを利用して自分の携帯電話をカスタマイズするユーザーが増えているが、端末に保存できるデータ数は限られている。pandoru.comを利用することでより多くの画像や着メロを保存できるほか、友達とデータを共有することも可能だ。pandoru.comで新たなモバイルコミュニケーションの場を提供したい」と説明した

5MBの専用ストレージエリアを無料提供

pandoru.comは、ユーザーに携帯電話用データの保管スペースを無料で提供するサービス。携帯電話の待ち受け画像や着メロデータ、ブックマークなどを保存できる。対応携帯ウェブ接続サービスは。iモード、J-スカイ、EZweb。

ユーザーは、pandoru.comで会員登録を行なうと、5MB容量の専用ストレージエリア“MYBOX”を取得できる。Outlookなど既存のパソコン用電子メールソフト、またはJ-スカイなど携帯電話のウェブサービスを利用して、MYBOXに保存したいファイルを添付したメールを、自分のMYBOX専用アドレス宛に送信すると、そのファイルが自動的にMYBOXにアップロードされる仕組み。

アップロードする際に画像をリサイズ機能を搭載しており、デジタルカメラなどで撮影した画像をアップロードすると、自動的に携帯電話の待ち受け画面サイズに変換して保存するという。また、電子メールを送信する際、アップロードするファイルにコメントを付けることも可能。

MYBOXに保存可能なファイルは、画像データ(JPEG、GIF、PNG、BMP)、着メロデータ(MLD、SMD)、テキストデータ(TXT)。待ち受け画像なら1枚6KBで約800枚、着メロデータなら1枚0.5KBで約1万曲をMYBOXに保存できるという。なお、将来的には音声データやJavaアプレットにも対応するとしている。

会員向けにデータ公開も可能

また、pandoru会員向けに、自分の画像や着メロを公開できる“pandoruBOX”もある。MYBOXにファイルをアップロードする場合と同じ要領で、pandoruBOX宛に画像や着メロデータを送信すると、“pandoruコンテンツ”として公開可能。このpanroduコンテンツには、会員なら誰でもアクセスできる。簡易検索機能を搭載しており、ほしいデータを抽出することも可能。

そのほか、pandoruコンテンツをアップロードしたユーザーにメッセージを送れる“メッセージBOX”、同社がpandoru.comユーザー向けに、スポーツや映画、旅行などさまざまな情報やイベント案内を紹介する“Information BOX”も用意されている。

pandoru.comの収益源は、InformationBOXの広告収入が中心となる。同社は今年度末で7万人の会員獲得を目標としている。

なお同社は、12月16日劇場公開予定のアーノルド・シュワルツェネッガー主演近未来SF映画『シックス・デイ』の専用コンテンツをpandoru.com内に11月中旬に開設、シックス・デイに関するさまざまな情報をpandoru.com内で提供していくという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン