このページの本文へ

アップル、『QuickTime 5』日本語パブリックプレビュー版を公開

2000年10月17日 19時38分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップルコンピュータ(株)は17日、メディアプレーヤーの最新版『QuickTime 5』の日本語パブリックプレビュー版を発表した。同日に同社のホームページで無償ダウンロードサービスを開始した。

今回のバージョンアップでは、インターネット経由の伝送で発生するフレーム落ちや音飛びを防止する“スキッププロテクション”機能や、QuickTime TVネットワーク用のチャネル表示/音声調整が可能なGUIなどを搭載。Flash 4やCubic VRなどのウェブ用の圧縮形式をサポートするという。さらに、プラグインの追加機能“コンポーネントダウンローダー”を搭載した。このため、3Dメガネを使った3Dムービーを作成できる『DDD』や、著作権管理機能を提供する『Sealed Media』など、他社製のプラグインを必要時に自動で追加するという。今回提供されるのはMac OS用のみで、Windows用の日本語パブリックプレビュー版は12月までに提供予定。また、正式版は2001年初頭に提供を開始するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン