このページの本文へ

【詳報】ハンドスプリング、カラー版Visorなど2機種を発表

2000年10月16日 18時19分更新

文● 編集部 小林久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハンドスプリング(株)は、PalmOS搭載のPDA『Visor』(バイザー)シリーズに新モデルを追加した。カラー液晶搭載の『Visor Prism』(バイザー プリズム)と、16階調のモノクロ液晶を搭載した『Visor Platinum』(バイザー プラチナ)の2モデル。発売は12月中旬で、11月中旬から同社のウェブサイトで、先行予約を開始する。価格はVisor Prismが4万9800円、Visor Platinumが3万4800円。

Visorのカラーモデル『Visor Prism』。16bitカラー対応の透過型TFTを採用

カラーモデルのPrism、モノクロ上位機のPlatinum

今回発表された、2モデルはいずれもCPUに米モトローラ社のDragonball VZ-33MHzを搭載。クロック周波数を倍にすることで高速化を図った。同CPUは、従来のDragonball EZに比べて消費電力が低いため、透過型カラーTFT液晶を搭載したVisor Prismでも通常使用で2ヵ月、連続使用でも6時間の使用が可能であるという。バッテリーは、Visor Prismがリチウムイオン充電池、Visor Platinumが単4乾電池×2本を使用する。

モノクロモデルの『Visor Platinum。33MHzのCPU搭載で高速化を図った

Visor Prism搭載の液晶はシャープ製で、PalmOS互換機としては初の6万5536色(16bitカラー)表示に対応。OSは、PalmOS3.5を独自にカスタマイズしたPalmOS 3.5.2Hで、バグフィックスと表示色数が主な違い。従来対応していなかった赤外線経由でのHotSyncにも今回から対応した。

内蔵ソフトには、オリジナルソフトの『予定表+』、『関数電卓』、『CityTime』などを従来同様標準搭載するほか、(株)ジャストシステムの日本語変換ソフト『ATOK Poceke』なども付属する。同社では、画像ビューアーの『Handspring Photo Album』の無償提供も行なう予定。

8MBメモリーを搭載する点、本体背面に独自仕様の拡張スロット“Springboardモジュール”を装備する点、USB接続のクレードルが付属する点などは同様。Visor Platinumのサイズは、従来機の幅122×奥行き76×高さ18mmと同等だが、バックパネル付きの液晶を搭載したPrisumは約2mm厚くなっている。そのため、後者では周辺機器を流用できない。

Visor対応アクセサリーの『GameFace』。本体株のボタンにかぶせて使うジョイスティック

合わせて同社は、Visorシリーズ対応のアクセサリー『GameFace』(ゲーム・フェイス)を発表した。本体下部のアプリケーション/スクロールボタンにかぶせて使うタイプのジョイスティックで、パッケージには米Astraware社のシューティングゲーム『Zap!2000』を同梱する。Visor DeluxeとPlatium対応版を12月、Prism対応版を来年春に出荷する。価格は未定。

発表会では、従来機との速度差を比較するため動画を同時に再生するデモが行なわれた

発表会には、Palmの産みの親が出席

発表会には、米国から同社CEOのJeff Hawkins(ジェフ・ホーキンス)氏が来日。Visorとハンドスプリングの将来についてコメントした。同氏は、PDAが今後ワイヤレス接続デバイスのメインプレーヤーになることを強調した。また、カラー液晶は、GPSやデジタルカメラなど豊富なSpringboardモジュールとの連携でメリットが得られると述べた。

米ハンドスプリング社CEOのJeff Hawkins氏。PalmOSの生みの親としても知られる

日本法人の代表取締役社長を務める小見山茂樹氏は、BCNの調査で、'99年9月に16%程度だったPalmOS搭載機のシェアが、2000年9月に72%と大幅に向上している点を指摘。販売台数比で約16倍の大幅な伸びを記録していると述べた。同氏はソニー38%、ハンドスプリング33%、パームコンピューティング22%というPalmOS搭載機の最近のシェアに触れながら「3社がユニークな機能を追加しながら、競争原理を作ってきたことが理由」と市場を分析した。ハンドスプリングでは、従来180店舗程度だった製品の取扱店を、年内をメドに300店舗に増やすという。

ハンドスプリング(株)の小見山茂樹代表取締役社長

ハンドスプリングは、18日から東京ビッグサイトで開催される“WORLD PC EXPO 2000”に出展する予定。会場内では、Visorにコンパクトフラッシュカードを挿入できるモジュールなど、複数のSpringboardモジュールが出展される。会場の様子に関しては、ASCII24でも紹介する予定だ。

近日発売が予定されているMP3プレーヤー。発表会のデモでは、ハンドスプリングの社員によるバンド演奏が流れた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン