このページの本文へ

NEC、コンシューマー向けPCにAV機能を強化した冬モデルを発表

2000年10月16日 12時52分更新

文● 編集部 佐々木千之

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)は16日、コンシューマー向けデスクトップパソコン『VALUESTAR』シリーズとノートパソコン『LaVie』シリーズの冬モデルを発表した。TV受信・録画機能などAV機能の強化が図られているほか、ノートではラインアップを一新した。価格はすべてオープンプライスで、10月中旬から順次出荷予定。

デスクトップパソコン『VALUESTAR』シリーズ

デスクトップパソコン『VALUESTAR』シリーズでは、TV受信・録画機能を備えたモデルや、CD-R/RWドライブ、CD-R/RW/DVD-ROMドライブを搭載したモデルを増やすなど、AV機能の強化にポイントが置かれている

『VT800J/5FD』

AV機能を標準搭載し、液晶ディスプレーをセットにした『VALUESTAR T』シリーズでは、HDDの容量を60GBとし、TV画像を最大18時間30分録画保存可能とした。また、iモード対応携帯電話やインターネットを経由して、VALUESTAR Tの番組予約機能を利用できるようにした。現行モデルではPCIの空きスロットがないが、LANカードを搭載できるように空きスロット×1を用意している。また、付属のスピーカーを2wayとしたほか、上位モデルでは5.1チャンネル対応のサラウンドスピーカーシステムをセットとしている。Windows Meをプレインストールし、CPUにPentium III-800EBMHz、Intel 810Eチップセット、128MBのSDRAM(PC100、最大256MB)、60GBのHDD(UltraATA/66)、DVD-ROM対応CD-R/RWドライブを装備し、15インチの1024×768ドットカラーTFTディスプレー(デジタルRGB)をセットにした『VT800J/5FD』の予想店頭価格は25万円前後。10月中旬に出荷予定。

『VE800J/55DV』

AV機能を標準搭載し、CRTディスプレーをセットにした『VALUESTAR E』シリーズでは、Tシリーズ同様、60GBのHDDを搭載、インターネット経由の番組予約機能も備えた。上位モデルではDVD-ROM対応CD-R/RWドライブを装備した。Windows Meをプレインストールし、CPUにPentium III-800EBMHz、Intel 810Eチップセット、128MBのSDRAM(PC100、最大256MB)、60GBのHDD(UltraATA/66)、DVD-ROMドライブを装備し、15インチのCRTディスプレーをセットにした『VE800J/55DV』の予想店頭価格は15万円前後。10月下旬に出荷予定。

『VC800J/5XD』

DV、MDの編集機能を備え、TFT液晶ディスプレーをセットにした『VALUESTAR C』シリーズでは、DVD-ROM対応CD-R/RWドライブ搭載モデルを用意したほか、上位モデルではLANボードを搭載しWindows 2000をプレインストールした。Windows Meをプレインストールし、CPUにPentium III-800EBMHz、Intel 810Eチップセット、64MBのSDRAM(PC100、最大256MB)、30GBのHDD(UltraATA/66)、CD-R/RWドライブを装備し、14.1インチの1024×768ドットカラーTFTディスプレー(デジタルRGB)をセットにした『VC800J/5XD』の予想店頭価格は20万円台前半。10月中旬に出荷予定。

『VL600R/55A』

CRTディスプレーをセットにしたコストパフォーマンス重視の『VALUESTAR L』シリーズでは、CD-R/RWドライブ搭載モデルを用意したほか、従来のものと比べ設置面積を2割減らしたコンパクトサイズフルキーボードを採用。同社としては初めてCPUにAMD Duron-600/700MHzを採用している。Windows Meをプレインストールし、CPUにAMD Duron-600MHz、AMD-KT133チップセット、64MBのSDRAM(PC133、最大512MB)、20GBのHDD(UltraATA/66)、CD-ROMドライブを装備し、15インチのCRTディスプレーをセットにした『VT600R/55A』の予想店頭価格は10万円を切る程度。11月下旬に出荷予定。

『VS66H/5B』

ワイヤレスキーボード/マウスを備え、質感の高い筐体の『VALUESTAR simplem』シリーズでは、筐体のデザインを新しくし、シルバー系のメタリック調の質感としたほか、DVD-ROMドライブを搭載し、DVDビデオの再生に対応した。Windows Meをプレインストールし、CPUにCeleron-667MHz、SiS630チップセット、64MBのSDRAM(PC100、最大256MB)、20GBのHDD(UltraATA/33)、DVD-ROMドライブを装備し、12.1インチの1024×768ドットカラーTFTディスプレーを内蔵した『VS66H/5B』の予想店頭価格は10万円台後半。10月下旬に出荷予定。

ラインアップを一新したノートパソコン『LaVie』シリーズ

『LaVie C』シリーズは、従来の同クラスモデルに比べ4mm程度薄い新デザイン筐体のオールインワンノート。キーボード手前部分のパネルを取り外し可能の“カラーコーディネートパネル”とし、標準のクリアブルーの他にオプションで3色を用意。また、スライドパッドのボタン部分中央に、ウェブブラウザーの上下スクロールに対応する“スクロールスライドスイッチ”を搭載した。さらに、天面のLaVieロゴ“イルミネーションエンブレム”を7色に光らせることができる。この色は付属のソフトウェアでコントロールでき、“メール着信で赤く点灯する”といった利用が可能。コードレスで通信が可能なワイヤレスTAをセットにしたモデルも用意されている。

『LC600J/54DC』

Windows Meをプレインストールし、CPUにSpeedStep対応モバイルPentium III-600MHz、Intel 440ZXチップセット、カナダのATIテクノロジーズ社製Rage Mobility-M(ビデオRAM4MB)グラフィックチップ、64MBのSDRAM(PC100、最大256MB)、20GBのHDD(UltraATA/66)、CD-ROMドライブを装備し、14.1インチの1024×768ドットカラーTFTディスプレーを内蔵した『LC600J/54DC』の予想店頭価格は20万円台前半。サイズは幅308×奥行き270×高さ40mm、重さは約3.3kg。10月中旬に出荷予定。

『LS55H/54DV』

『LaVie S』シリーズは、TV受信・録画機能を備えたオールインワンノート。Cシリーズ同様のスクロールスライドスイッチ、イルミネーションエンブレムも備え、スピーカーを改良し音楽の低音部再生を強化した。上位モデルではDVD-ROM対応CD-R/RWドライブも搭載している。Windows Meをプレインストールし、CPUにモバイルCeleron-550MHz、Intel 440ZXチップセット、ATIテクノロジーズ社製Rage Mobility-128(ビデオRAM4MB)グラフィックチップ、64MBのSDRAM(PC100、最大256MB)、20GBのHDD(UltraATA/66)、DVD-ROMドライブを装備し、14.1インチの1024×768ドットカラーTFTディスプレーを内蔵した『LS55H/54DV』の予想店頭価格は20万円台半ば。サイズは幅377×奥行き290×高さ42mm、重さは約4.1kg。10月中旬に出荷予定。

『LaVie U』シリーズは、コストパフォーマンスを追求したオールインワンノート。9月18日に13.3インチTFT液晶ディスプレー搭載モデルを発表しているが、今回上位モデルとして14.1インチTFT液晶ディスプレー搭載モデルを追加した。Windows Meをプレインストールし、CPUにAMD-K6-2+-500MHz、米Trident Microsystems社製CyberBLADEi7チップセット、64MBのSDRAM(PC100、最大256MB)、20GBのHDD(UltraATA/66)、CD-ROMドライブを装備し、14.1インチの1024×768ドットカラーTFTディスプレーを内蔵した『LU50L/54DC』の予想店頭価格は20万円を切る程度。サイズは幅308×奥行き254×高さ44mm、重さは約3.2kg。10月中旬に出荷予定。

『LM600J/52DC』/『LM50H/52DC』

『LaVie M』シリーズは、12.1インチのTFT液晶ディスプレーを内蔵し、CD-ROMドライブを外付けとしたB5ファイルサイズノート。大きな変更はないが、キーボードの色を変更し、刻印を見やすくしたほか、Bluetooth対応PCカードをセットにしたBluetoothモデルを用意、同社が発売するプリンター用Bluetoothアダプターを使ってワイヤレスでプリントアウトしたり、Bluetoothカードを搭載したパソコン同士でファイル共有が可能になるとしている。Windows Meをプレインストールし、CPUに低電圧版モバイルCeleron-500MHz、Intel 440MXチップセット、米SiliconMotion社製Lynx3DM4グラフィックチップ(ビデオRAM4MB)、64MBのSDRAM(PC100、最大256MB)、10GBのHDD(UltraATA/66)、外付けCD-ROMドライブを装備し、14.1インチの1024×768ドットカラーTFTディスプレーを内蔵した『LM50H/52DC』の予想店頭価格は20万円を切る程度。サイズは幅283×奥行き224×高さ27mm、重さは約1.55kg。10月中旬に出荷予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン