このページの本文へ

デジタルティーブイネット、エンターテインメントサイト“neoTV”のオープンイベントを開催

2000年10月12日 22時15分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デジタルティーブイネット(株)は12日、同社が運営するエンターテインメントサイト“neoTV”のグランドオープンイベントを都内で開催した。

“neoTV”メイン画面。ここから各企業が提供するさまざまなコンテンツにアクセスできる

neoTVは、“MUSIC”“FASHION”“PERSON”“ART”“MOVIE”“COMIC/FIGURE”“BEAUTY”“EDUCATION”といったチャンネルごとに、提携する企業のコンテンツを提供するエンターテインメント分野に特化したポータルサイト。ポータルサイトは10月1日にオープンし、各企業が提供するコンテンツサービスは今後順次提供されるという。

今後提供されるコンテンツサービスは、(株)ウェルネス・ネットの栄養医学情報提供/栄養補助食品販売サイト、(株)アミューズ・ブックスのアーティスト関連の出版物提供サイト、(株)エスネットの音楽情報サイト、(株)バンタンメディアエンタテインメントの音楽ビジネスに携わる人材を育成するインターネットスクール“Vantan e-college”、(株)エクスプロージョンワークスのインディーズ発掘/育成支援サイト、(株)フォルメンのタレント/モデルのキャスティングサービスサイトなど。セキュリティー技術は、(株)国際情報科学研究所のGCCカオス暗号を採用している。

イベント会場で、同社代表取締役の三住光男氏は、「今までに考えられなかったような、リアルなサービスとバーチャルなサービスを融合させたインターネットビジネスを展開する。パソコンだけでなく携帯電話やPDAなどでも利用できるようにする」と挨拶した。

イベントに登場した“neoTV”マスコットガールの佳原ゆみさん。neoTVにホームページを掲載しているほか、同社がスポンサーで提供しているテレビ東京の番組『ともだち王』の司会も務めている。ともだち王は、番組出演者とメール友達になったり、番組主催のオフ会に参加できるテレビ番組
今年度ミス・ユニバース日本代表2位の芦澤裕子さん。1位入賞者が海外に留学したため、ミス・ユニバースとしての役割を引き継ぎ、さまざまな方面で活動しているという。neoTVにはミス・ユニバースのサイトがあり、“ミス・ユニバース・ジャパン2001”の一般投票による2次審査を行なっている。1次選考通過者のプロフィールと写真が掲載されており、一般からの投票が可能。24時間以内に投票できる回数は1回だが、1人で何度でも投票できる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン