このページの本文へ

ハドソン、仏のアンフォグラムとゲームソフトで合弁会社

2000年10月11日 16時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ハドソンは11日、欧米でソフトの開発・販売を行なっているフランスのInforgrames Enterteinment S.A社(アンフォグラム)と、次世代ゲーム機向けソフトの開発・販売を行なうための合弁会社“アンフォグラム ハドソン株式会社”を設立することを3日に合意したと発表した。資本金は6000万円で、出資比率はハドソンが30パーセント、アンフォグラムは70パーセント。CEOにはハドソンの専務取締役の中野忠博氏が就任する。本社は東京・港区。

新会社は、次世代ゲーム機用ソフトの開発・販売のほか、アンフォグラムの所有するタイトルの日本市場向けローカライズとその販売、両社の保有するネットワークコンテンツの相互リンク、およびアンフォグラムが展開する“Infogrames.com”と協力し各種情報端末機へのコンテンツ開発と提供を行なう。

今回の合弁会社設立は、ハドソンにとっては今後世界市場への進出をより強固なものにするためのものと位置付けている。また、アンフォグラムは、日本市場でのマーケティング展開とハドソンの開発技術を導入したソフト開発を行なうことにより、世界市場での強力な地盤を築くとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン